龍村平蔵の着物買取について

龍村平蔵とは日本の染織研究科として知られている人物で初代から受け継がれている名前です。
1976年に大阪博労町で平野屋平兵衛の孫として生まれて文芸美術の整った環境で育っています。
本格的に染め物の舞台に上がったのは大阪商業学校中退後で呉服の道に進む、その後織物業を開業するのが特徴です。

 

彼は作家としてもかなり有名で財団法人大日本蚕糸会より恩賜賞をもらう、紫綬褒章を受章しているので注目です。
1956年には日本芸術院恩賜賞を受賞するといった経験がある方となっています。
それだけに彼の作った着物は高額査定の対象となっているので知っておくといいでしょう。

 

画期的な織物を作る人で織物の技術だけでなく図案も重要になると考えて若手デザイナーを起用しています。
当時の織物業界ではありえないことで高いレベルの図案がたくさん生まれているのが特徴です。
彼のもとで育った方たちは堂本印象画伯などに代表する芸術家として有名となっています。

 

美術織物として名高い作品が多い龍村平蔵は1919年に個展を開き交流のあった芥川龍之介も絶賛、さらに織物の技術を上げていく方です。
龍村平蔵は名古屋帯と呼ばれるものも作っていて、独特の豪華なら柄が印象的と言えます。
これは中古品でも20万円以上するようなものが多く高級品です。

 

安いものなら新品で7万円くらいから購入することができる、それだけに中古査定を受けても高額で売る事が可能となっています。
古代裂は古い時代の染織品で、明治以前に作られたものです。
龍村平蔵1代目が作り上げた作品も該当し、中古市場でも高額で取引されています。
これは龍村平蔵の作品集でも紹介されているものなので手持ちの織物の中にあるかもしれないと考えているのなら読んでみるといいでしょう。

 

袋帯は表も裏もある丸帯を簡単な構造にしたもので裏地がなくなっています。
格の高い袋帯は礼装用に使われているのが特徴です。
龍村平蔵の作品にも袋帯がいくつか用意されています。
販売価格は作品によりバラバラですが中古リサイクル着物のお店では18万円位で取引されている物も多いです。
中には3万円程度で購入できるものもあります。

 

具体的に買い取りをしてもらいたいときどれくらいで売れるのかということですが、これは商品により大きく変化するのが特徴です。
平均的な買い取り価格は帯で10万円前後、中古品だと最高値となる金額は40万円くらいとなっています。
あくまで目安なのでコンディションにより値段が変動するので理解しておきましょう。

 

売るときは着物買取店を利用するのがおすすめです。
専門的に買い取りを行っているサービスだけに知識が豊富で適切な値段で買い取ってくれます。
また相場もよく知っているので安く叩かれてしまう心配もないです。
龍村平蔵に特化するサービスであれが相場よりも高く売れる、古い商品もちゃんと査定を行ってくれるので損をすることもないでしょう。

 

ほとんどお店は無料査定を行っているので気に入らなければ他のお店に査定に出すことも容易です。
コツは複数のお店を回って査定額を調べる、比較して一番高く売れるお店を利用することと言えます。
証紙と呼ばれるものがあると査定額がかなりアップするので注目です。

 

品質や数量といった内容を保証するためのものでブランド品で言うところのギャランティーカードとなっています。
着物の産地を証明する登録商標で、どこで作られたものなのかがわかる紙です。
高級品の着物には必ずといっていいほどついているものなので用意しておきましょう。
証紙ですが種類がいくつか用意されています。

 

なくても売ることはできますが少しでも高く売りたいなら用意するに越したことはないです。