加賀友禅の着物買取について

加賀友禅は、京友禅・江戸友禅に並ぶ日本を代表する伝統工芸品です。
特徴は花や自然をモチーフにした古典的な柄を使ったデザインで、少しだけくすみのある加賀五彩と呼ばれる落ち着いた色をしています。
また先ぼかしと呼ばれる技法が使われているのも特徴の一つで、内側から外側に向かって色が鮮やかになっていきます。
他にも葉っぱが虫に食べられたような彩色の虫食い、京友禅とは異なり金や刺繍を使わないのも特徴的な技法と言えるでしょう。
加賀友禅と同じく石川県白山市にある白峰地区で作られる牛首紬も、同じように歴史のある織物です。
結城紬・大島紬と並び日本でも有名な工芸品で、石川県の無形文化財などに指定されており非常に価値があります。
こうした加賀友禅や牛首紬などは、不要になったら着物買取を利用して処分するのがおすすめです。
著名な作家の作品は高額で取引され、古い加賀友禅でも人気があり高値で売却することができます。
具体的な加賀友禅の買取相場は、訪問着で5万円から20万円になります。
振袖なら訪問着よりさらに高額となり、人間国宝級の作家が伝統的な技法を使って制作した作品なら、100万円以上になることも珍しくありません。
付下げだと訪問着の相場よりも低くはないますが、それでも一般的な着物買取の相場と比較すれば高額です。
また牛首紬についても、一般的な相場よりも高く5万円ほどです。
自宅に着なくなった加賀友禅や牛首紬があるなら、一度査定を受けてみると良いでしょう。
ただし紹介した査定額はあくまでも状態が良好であること、比較的新しいことが前提条件です。
カビや虫食いが発生していたら、それだけで査定額は大きく引き下げられてしまいます。
ですから売却するときのポイントとしては、日頃から丁寧にメンテナンスをしておくことが大切です。
定期的にタンスから出して陰干しをするなどのメンテナンスを怠ると、状態が悪化し加賀友禅でも価値が低下します。
また祖母や母親から受け継いでいたりすると、いつか着ると思ってなかなか売却するタイミングを掴むことができません。
芸術品としても価値がある人間国宝など超有名作家の作品なら別ですが、一般的な加賀友禅や牛首紬なら購入から時間が経てば立つほど価値が低下していき、それと同時に査定額も下がっていきます。
早く売れば売るほど良好な状態を保ちやすくなるので、タンスの肥やしにするのではなく機内なら早めに売却するのが高く売るためのコツです。
また査定額を高くするために状態と同じく大切なのは、証紙です。
本場の加賀友禅には、購入時に証紙が付けられており本物であることを証明しています。
証紙には2種類があり、一つは経済産業大臣から認定を受けた協会が発行するマーク、もう一つは石川県にある協会が発行するマークです。
石川県にある協会が発行する証紙には、認定を受けた作家の名前が入っており誰が制作したのかわかるようになっています。
またマークの色によって種類が分かれており、緑は正絹ではないものです。
紫は型染めで手描友禅は赤となっており、一番価値が高いのは当然ながら赤です。
証紙を売却する着物と一緒に買取店に持ち込めば、一目で本物と判断されそれだけで価値が上がります。
逆に証紙がない場合は本物と見極めることが難しくなるので、査定額は大きく下がってしまいます。
証紙のあるなしで大きく上下しますから、着物を購入したら大切に保管しておくようにしましょう。
加賀友禅や牛首紬は非常に人気が高く、中古の訪問着でも市場では高額で取引されています。
査定を受けたら予想以上に高額で売却できると判明することもあるので、タンスに眠っているなら一度着物買取の専門手に持ち込みましょう。