東京友禅の着物買取について

着物の種類は結構ありますが中でも有名なものといえば東京友禅と呼ばれるものです。
これは東京で制作されたもので手描きの糸目友禅の事となっています。
色数は抑えてスッキリした見た目をしている柄で江戸友禅とも呼ばれているのが特徴です。

 

江戸時代の中期くらいに登場したのが始まり、神田川から隅田川へと友禅染を広めていったのが特徴となっています。
他にも友禅はありますが、それらのものとは柄そのものが違っている着物です。

 

中古市場でも人気で専門業者を利用すれば高額査定を行ってくれます。
実際にどれくらいの金額で取引されているのかというと付下げだと30万円から、帯なら13万円以上で訪問着は50万円以上です。
振り袖だと100万円以上はする高級品となっています。

 

友禅を売るなら技法についても知っておくと便利です。
引染めと呼ばれる技法は刷毛を使って手作業で染めていくもの、一反に色むらなく染めるためにはかなりの技量が必要になると言えます。
経験豊富な方でないと扱えない技法です。

 

本友禅は図案を参考にして絵を描く染め方で、白地に下絵を描き輪郭に沿って糊を置くといった描き方をします。
年齢や体型といったものを考慮して図案を制作する、最終的に20近い工程を経て完成するのが特徴です。
描き上げ友禅はのり糸目を使用せずに記事に直接筆を入れる技法となっています。
職人の腕が大きく左右されるもので技術力が最も必要です。

 

型友禅型染めは週類ある型紙を使って模様を描く技術で専門の彫師が制作をするときもあります。
他にも墨を使う墨流しや一珍染めといったものも用意されているのが特徴です。
上記の技法を用いた着物は高額査定対象になっているので理解しておくといいでしょう。

 

査定員に着物を出すときにちょっと知っておきたいのが証紙の存在です。
これはどこで着物が作られたものなのかを評価するもので、産地が書かれています。
規定の基準を満たしているものにだけ与えられるもので登録商標とも言われているのが特徴です。
一般的に証紙と言われますが正確には登録商標と呼びます。

 

着物を売却するときに証紙があると大きく値段が変動するので知っておきましょう。
物によっては数十万円も変化するため小祠がある場合は必ず用意しておくのが基本です。
なくても売ることはできますが評価は大きく下がります。

 

また友禅を売るときには状態にも気をつけておくといいです。
状態のいいものは値段が高くなりますが逆に悪いものだと評価も下がってしまいます。
お店によって買取価格は大きく違うのでできるだけ複数のお店を利用するのが望ましいです。
自宅から利用できるお店は限られているので、こういうときはネットを使います。

 

インターネット上では買い取りを行っているお店が多く宅配を利用して売ることが可能です。
専用のキットに売りたい友禅を詰め込んでお店まで配達してもらえば査定を行ってくれます。
これなら近場にお店がなくても利用できるので便利です。
全国規模で利用できるサービスとなっているのたくさん比較して高く売れるお店も探しやすいと言えるでしょう。

 

また一括査定サイトと呼ばれるものもあります。
こちらは優良業者が複数登録されているサービスで情報を入力すれば査定額を知らせてくれるのが特徴です。
複数のお店に出す手間を省く事ができるので使い勝手も良いと言えます。
査定結果を比較して一番高く売れるお店を選べばそのまま買い取り手続きを行えるので便利です。

 

とにかく時間をかけたくないときに利用できるので検討してみましょう。
もちろんキャンセルをする事もできるので気に入らないときも安心です。
少しでも高く売りたいのなら上手く使ってみるといいです。