松井青々の着物買取について

作家物の着物というのは高額買取が期待できます。
特に京友禅作家は人気が高く、高値で取引される傾向が強いです。
松井青々は代々その名前を受け継ぎ、家業である京友禅を作ってきた伝統ある職人の家系です。
初代の青々を名乗ったのが松井新太郎でした。
新太郎は1904年に松井元治郎の長男として京都に生まれ、その後加賀友禅の道を歩みます。
日本画家、今尾景年門下である小倉吉三郎に師事し、日本画の技法を学びます。
その後、同じく日本画家である三宅鳳白についてさらなる日本画の研究に没頭します。
このような経験を積んだことによって日本画の技法を京友禅に活かすことが出来たため、京友禅の第一人者としてその名が知られるようになります。
その後独立し、京友禅作家として活躍を始め、世に多くの優れた作品を残すことになりました。
その中でも雅な訪問着は現在に負いても評価が高く、松井青々の何ふさわしい友禅美を今日でも堪能することができるとあって人気が高いです。

 

さて、二代目の松井青々の名を引き継いだのが新太郎の長男であった祥太郎です。
彼もまた早くから日本画家に師事し、日本画の技術を京友禅に取り入れて独自の技法として確立していくようになります。
先代から受け継いだ技法からさらに独自性の強い技法を生み出し、青々の名をさらに世に知らしめる存在として頭角を現します。
朝日新聞との関係も深く、この二代目が朝日新聞に「青々」という広告を出したことがきっかけで世に知られるようになり、青々に対する評価も高くなっていきました。

 

松井青々の三代目は祥太郎の甥である淳太郎がその名を継いでいます。
彼は京都市芸術大学に入学し、日本画を専攻し、二代目である祥太郎の元で京友禅の技法を習得しました。
このように3代に渡って名前が受け継がれ、京都界隈では知られる名前となったのです。

 

松井青々が手がけた訪問着は、中古市場に負いても中古美品として高額な値がつけられており、その美しさは着る者だけでなく見るものも魅了してやみません。
着物に描かれる絵柄は青々自らが手書きで描いたものであり、唯一無二の一品として知られます。
松井青々の名前が、松の緑がいつまでも青々として生き生きとしているように作風もそうであることを願ってつけられました。
その名前を体現するかのような作風で、くさきがみずみずしく描かれており、見るものを楽しませてくれます。
青々の格調高い京友禅は豪華かつ優美なものであることで知られています。
京都では特に人気が高く、その人気の高さから青々調と呼ばれる模造品が出回るほど、その人気の高さをうかがい知ることができます。
訪問着であればまだ手の届く範囲の値段が付けられているものの、振り袖となるとさらに高額な値がつけられ、その人気の高さが伺えます。
振り袖としては一生モノであり、さらには代々受け継いでいくことができるほど優れた出来栄えとなっています。
そのため、一家で代々女系で受け継がれる価値のある着物であることは言うまでもありません。
一般的な市場価格は数千万円で取引され、松井青々の振り袖となるのその価値は一級の美術品に値するものと考えて間違いありません。
振り袖の模様には吉祥文様である松竹梅が施されて、ハレの日に着るにふさわしい振り袖であることがわかります。
松井青々の特徴であるタタキ染に松竹梅の吉祥紋様が施され、さらには金彩が散りばめられた大変おめでたいデザインとなっています。
染どおりは裏と表で見紛うほど美しく染められており、手元でじっくりと見て楽しむことができる様になっています。
松井青々の作品の特徴である優美さと華やぎを兼ね備えた振り袖は、代々受け継ぐにはふさわしい作品です。