木村雨山の着物買取について

中古市場でも価値の高い着物というのは高値で取引される傾向が強いです。
加賀友禅は京友禅についで人気が高く、市場価値もとても高いものとして知られています。
中でも人間国宝である木村雨山の作品は高額査定が当たり前となっており、数にも限りが有ることからとても価値が高いとされています。

 

木村雨山は石川県金沢市出身の染色家で、本名を文二と申します。
明治38年に高等小学校を卒業すると、加賀友禅の染色家であった上村雲嶂に師事するとともに、以降加賀染一筋に打ち込むようになります。
それと同時に日本画家である大西金陽に日本画を学び作家としても活躍をはじめ、その技術は加賀染にも生かされるようになります。

 

昭和に入ると帝展で入賞を果たします。
入賞した作品は縮緬地友禅訪問着「花鳥」でした。
それ以降はめきめきと頭角を現し帝展をはじめ日展や日本工芸展などで友禅作家であることでその名が知られるようになりました。
木村雨山は日本画の技術を取り入れたことによって描線を自由に表現することを可能とし、加賀友禅に独自の解釈をもたらしました。
その斬新さは今までになかったもので、しばしば比較の対象とされてきた京友禅との差別化にも成功しました。
この斬新な表現力に基づいた技術は、格調が高く独自性を発露することに成功したと言えるでしょう。
その結果、加賀友禅の全国的知名度を高めることにも貢献しました。

 

木村雨山はその後も染色の道を極め、昭和30年には重要無形文化財保持者として人間国宝の認定を受けることとなります。
染め物会での第一人者と称され、その作品は現在に至るまで高い評価を受けています。
昭和52年に没するまで数々の作品を夜に送り出してきましたが、中でも評価が滝野が帯です。
木村雨山の作品である塩瀬名古屋帯はまるで日本画を帯びの中に閉じ込めたような作風で、人々の注目を集めてやまないほど目を引く物となっています。
着物の染色においてもふんだんに日本画の技法を取り入れていることがわかります。
大西金陽に師事したことによって筆の持ち方から墨の付け方まで細やかな指導を受けることになり、その技術が染色にも生かされています。
また、草木や花や鳥などを注意深く観察する姿勢が生かされており、そのみずみずしさが着物にも表現されているのがわかります。
染色の師匠であった上村雲嶂からはみて覚えるように指導され、師が染色をするところに始まり、糊置や様々な工程を間近で見てしっかりと自分のものとして確立していったのです。

 

木村雨山は更新の育成にも力を入れており、自信が会得した技術を厳しくもありながら熱心に指導したりしました。
その指導を受けたのが同じく石川県出身であった二塚長生です。
彼は木村の晩年から頭角を現し始め、師匠同様に日本画の技法を取り入れた作風を得意としました。
友禅の絵画性を高めることに成功した二塚は同じく加賀染を語る上で革新をもたらした人物として語られるべき存在であると言えるでしょう。

 

このように加賀染の第一人者としてその名を成し、人間国宝として活躍した木村雨山の着物や帯は現代に至るまで高く評価されています。
査定においては常に高値が付き、その技術力の高さには今でも高い評価がなされており、着るものの心を晴れやかにしてくれるとあって人気が高い物となっています。
重要無形文化財保持者の作品には数に限りが有ることから、コレクターも多く、コレクターの間では未だ高い需要があるのが実情です。
木村雨山没後40年以上が経過してもなおその芸術品に対する評価の高さから、地元の美術館においても木村雨山の回顧展が開かれたり、後世に残る重要な着物として語られているのです。