種類別の着物買取記事一覧

 

結城紬は茨城県や栃木県で生産されている絹織物で、重要無形文化財でもあります。奈良時代から続く歴史のある高級絹織物で、人気も需要も高いです。地機と手作業でつくられており、大量生産が難しいという特徴があります。技術や美しさは日本の絹織物の中でも最高峰であり、市場に出回る数も少ないので価値も価格も高いです。着なくなった結城紬の着物や帯が自宅のタンスやクローゼットや押し入れに眠ったままで処分に困っていると...

 
 

日本は、各地方で様々な着物が作られていた時代がありますが、現代のように洋服を大量生産する時代においても当時の服は高く評価されています。その中でも注目されているのが鹿児島県の奄美大島でつくられている大島紬になります。これは、手で紡いだ絣糸を丁寧に織り込んでいき、その糸自体は植物で煮出した液につけることで鮮やかな色合いを出すことができました。そのカラフルさが、古くからの人気の秘密とも言えます。色によっ...

 
 

塩沢紬は豪雪地帯として知られる新潟県南魚沼市周辺で織られる絣模様の伝統工芸品として人気が高いです。この塩沢紬は本塩沢や越後上布と共に伝統工芸品の指定を受けている特徴があります。特徴として落ち着いた絣模様で幅広い年齢層の方でも身に着けやすい上品さや、絹の手紡糸を利用している事から肌触りの良さなども高い人気があります。根気と丁寧さを求められる織物であるため、生産量が年々減少していることから着物としても...

 
 

着物の種類は結構ありますが中でも有名なものといえば東京友禅と呼ばれるものです。これは東京で制作されたもので手描きの糸目友禅の事となっています。色数は抑えてスッキリした見た目をしている柄で江戸友禅とも呼ばれているのが特徴です。江戸時代の中期くらいに登場したのが始まり、神田川から隅田川へと友禅染を広めていったのが特徴となっています。他にも友禅はありますが、それらのものとは柄そのものが違っている着物です...

 
 

加賀友禅は、京友禅・江戸友禅に並ぶ日本を代表する伝統工芸品です。特徴は花や自然をモチーフにした古典的な柄を使ったデザインで、少しだけくすみのある加賀五彩と呼ばれる落ち着いた色をしています。また先ぼかしと呼ばれる技法が使われているのも特徴の一つで、内側から外側に向かって色が鮮やかになっていきます。他にも葉っぱが虫に食べられたような彩色の虫食い、京友禅とは異なり金や刺繍を使わないのも特徴的な技法と言え...

 
 

京友禅は、三大友禅の中で最も豪華な着物で高級着物として高額査定での買取が期待できます。京友禅は三大友禅のひとつで、京友禅の他に加賀友禅と東京(江戸)友禅が最も有名です。友禅は元禄時代に京都で活躍した扇絵師の宮崎友禅斎によって考案された伝統的な染織技法で、友禅染と言われることもあります。特に京友禅は京都の伝統工芸品のひとつでもあり、貴族や公家が住んだ京都らしく遠目に見ても豪華な模様や、華やかな彩が多...

 
 

着物の染め技法には様々なものがあります。その一つに友禅染めがありますが、この友禅染めにも複数の種類があります。十日町友禅は京友禅や加賀友禅とも異なる色彩が特徴です。友禅の着物は他のものに比べて高い査定額を期待することが出来る場合が多いのですが、状態によっては安値となることもあります。十日町友禅は、新潟県十日町地方で花咲いた大衆向けの友禅です。昭和40年代にはその名が広く知られるようになり、他の友禅...

 
 

小千谷縮や越後上布は新潟県の南魚沼市や小千谷市を中心に生産された重要無形文化財に指定されている麻織物で、伝統的な織物として歴史も古く江戸時代には幕府へ夏着物として上納されていた高級着物で、特徴としては軽く着心地が良く通気性にも優れており、現在でも高級品として帯や夏着物が人気です。私がこの着物を知るきかっけとなったのは、祖母が亡くなった時に生前から着物に関する話を聞かされており、その時に亡くなった時...

 
 

宮古丈夫は1583年に宮古島の稲石という女性が、台風で沈没しかけた船を救った功績から夫を間切頭主に任命した時の琉球国王尚永王に対し、感謝の気持ちを込めて細綾錆上布を献上したことから始まったといわれています。宮古丈夫は沖縄県の宮古島の本麻織物で、昭和53年に国の重要文化財に指定されました。通気性がよく丈夫で軽く色あせしないという特徴があり、自然の物以外だけを使用した織物で糸を作ることから織りや染色に...

 
 

近江上布は700年を超える歴史をもつ上布で、その歴史も長く、700年余りという伝統高原品です。近江上布は洗練されたデザインで、細くて上質な麻糸で丁寧に織り上げられた麻織物です。職人の手によって加工されて仕上げられた上質の麻布は、古くから麻織物業が盛んに行われてきた湿潤な気候にも恵まれた地で、長い間職人から職人へと伝承されてきました。滋賀県の清らかな水に恵まれた地で生まれた伝統工芸品の近江上布は、肌...

 
 

最近では、一流の作家によって作られた着物に対する注目度が急速に高まってきています。数多くの種類や製法がありますが、それらの中でも圧倒的な知名度と人気を誇っているのが、一竹辻ヶ花染めです。染料と素材の特徴を計算し尽くして色鮮やかに染め上げていく染色工程は、幅広い年齢層の男女たちから親しまれているといえます。また、一竹辻ヶ花染めの主な特徴としては、高度なスキルと最高級の品質を誇る特殊金通しを用いて三重...

 
 

由水十久の着物は加賀友禅の作品の中でも初代に位置します。加賀友禅の作家の中でも由水十久は、雑誌等の各種メディアでも特集が組まれるほど有名な作家でもあり、どの作品も買い取り業者に高額査定で買い取ってもらえるようになっています。由水十久が作った訪問着には童子の絵柄が多く描かれ、繊細で細かい図柄が多くの方に好感を得てもいます。由水十久は全国各地で個展を開く等、昭和22年から多くの作品を夜に残しています。...

 
 

着物の買取は、手軽に宅配買取や出張買取などを利用することもでき、今ではネットオークションなどでも気軽に行うことができますが、もしお手持ちの売りたい品物が有名な作家のものであれば、高額な査定額になることもありえます。ご自分で判断がつかない場合や、着物に詳しくない方は特に、価値を見極められる深い知識があってきちんと正しい査定を行ってくれる業者やプロに任せた方が安心です。思いがけず高額査定を受けられるチ...

 
 

龍村平蔵とは日本の染織研究科として知られている人物で初代から受け継がれている名前です。1976年に大阪博労町で平野屋平兵衛の孫として生まれて文芸美術の整った環境で育っています。本格的に染め物の舞台に上がったのは大阪商業学校中退後で呉服の道に進む、その後織物業を開業するのが特徴です。彼は作家としてもかなり有名で財団法人大日本蚕糸会より恩賜賞をもらう、紫綬褒章を受章しているので注目です。1956年には...

 
 

北村武資は重要無形文化財保持者で、経錦や羅は重要無形文化財に指定されており、それ以外の作品も人気があるので高価格での買取がされています。証書や共箱などの付属品が揃っているとさらに買取の査定評価はプラスされます。北村武資は、昭和10年に生まれの京都出身で、昭和後期から平成にかけて染織作家として活躍しました。伝統技法で難易度の高い文様を着物に織り込み、2度の人間国宝を受賞した着物作家です。中学を卒業し...

 
 

中古市場でも価値の高い着物というのは高値で取引される傾向が強いです。加賀友禅は京友禅についで人気が高く、市場価値もとても高いものとして知られています。中でも人間国宝である木村雨山の作品は高額査定が当たり前となっており、数にも限りが有ることからとても価値が高いとされています。木村雨山は石川県金沢市出身の染色家で、本名を文二と申します。明治38年に高等小学校を卒業すると、加賀友禅の染色家であった上村雲...

 
 

作家物の着物というのは高額買取が期待できます。特に京友禅作家は人気が高く、高値で取引される傾向が強いです。松井青々は代々その名前を受け継ぎ、家業である京友禅を作ってきた伝統ある職人の家系です。初代の青々を名乗ったのが松井新太郎でした。新太郎は1904年に松井元治郎の長男として京都に生まれ、その後加賀友禅の道を歩みます。日本画家、今尾景年門下である小倉吉三郎に師事し、日本画の技法を学びます。その後、...

 
 

稲垣稔次郎さんは、京都が誇る型絵染の人間国宝で、手掛けた作品はどれも素晴らしく伝統技術と芸術を調和させた趣のある図柄で作られています。木版画の作家としても有名なので、みなさんの中にも一度は目にしたことがある人もいることでしょう。私も稲垣稔次郎さんの作品を展覧会で見たことがありますが、着物のことを良く知らない私にも、見ているだけで凄いと感じたものです。稲垣稔次郎さんは、日本画家の父親の元で生まれ、自...

 
 

皆さんは着物を着たことがありますでしょうか。特に女性の方だと成人式や卒業式などの折に着る機会があるかと思います。実際に購入したことがある人だと分かりますが、着物というのはピンからキリまであります。実際安いものだと1万円もあれば購入することが出来ます。そんな着物の中には昔から現代に至るまで愛され続けているものがあります。これを作ったのが喜多川平朗という人物です。京都市出身の喜多川平朗は子供の頃から織...

 
 

最近、「和」の良さが見直される中で着物生活に興味を持つ若い方も多くなりました。せっかくなら良い品を着たいけれど、金額面では少し抑えて欲しいとなると重宝されるのがリサイクル品、もしもご自宅のタンスの中に眠っているお着物があれば出品してみませんか。特に人気が高いのが志村ふくみさんの着物、作家物はファンも多く付いているのです。志村ふくみさんは1924年・大正13年生まれの染織家です。31歳のときに母であ...