七五三の着物は買取業者で買取ってもらえるの?

子供用の着物は着用できる期間が限られてしまうため、使わなくなって押入れの奥に眠ったままになっているという人は少なくありません。
成長の思い出としてそのまま取っておくのも良いのですが、着物は購入した時の品質を保つことが大事なので、保管場所に注意して定期的に虫干しなければいけません。
面倒になって手間を省いてしまうと、大切な着物にカビが発生したり虫食いや変色してしまう可能性もあるので、定期的にお手入れをするのは大変だという場合は、買取りしてもらう手もあります。

 

着物買取というと、振り袖や訪問着など大人用の着物や帯だけが買い取り対象になっていると思うかもしれませんが、七五三やお宮参りなどで着用した子供用の着物の買取りもしています。
もちろん、和装小物も同時に買取りしてもらえるので、使わなくなった和装品はまとめて買取りに出してみましょう。

 

使わなくなった着物に、どのくらいの価値があるのか。
買取りに出すとなると相場の金額が気になるところです。
七五三用の着物は品質や状態によって査定額が変わってきます。
買ったばかりの着物や贅沢な素材をふんだんに使った着物なら高い査定額が出ることも珍しくありませんが、汚れが目立つ着物や損傷が激しい着物はほとんど値段が付かないケースもあります。

 

大事な着物を適正価格で買い取ってもらうなら、着物買取の専門店に依頼することをおすすめします。
専門店であれば着物に詳しい査定員が評価をしてくれるので、納得のいく価格で買取りしてもらえます。
家から近いリサイクルショップに出すのは簡単で良いのですが、着物の品質ではなく量や重さで査定額が出てしまうところもあるので、高価な着物が評価されないことも考えられます。

 

着物専門の買取店が近所にない場合は、出張査定ができる買取店を利用してみてはいかがでしょうか。
宅配買取を使用しても良いのですが、着物はデリケートな素材でできているため劣化しやすく、配送中に何らかのトラブルが発生する可能性もあります。
出張買取なら自宅で査定をしてくれるので、着物を梱包する手間が省けます。
近所に着物買取専門店がある場合でも、着物と帯、和装小物を含めると相当な重量になるので、いくら子供用といっても持ち運びが大変です。
着物専門店の中には、反物や貴金属、骨董品を買い取ってくれるところもあり、これらをまとめて買取りしてもらうと、サービスで査定額を高くしてくれる可能性もあります。

 

出張買取は買取店によって利用できる地域が限られていることがあるので、買取りができるかどうか事前にチェックしておきましょう。
出張買取はメールまたは電話で依頼することになり、査定の日時は依頼者の都合に合わせて決められます。
査定額を確認して取引が決まれば、代金はその場で支払われるので安心です。

 

七五三の着物の他、着物の上から羽織る被布や草履、帯、髪飾りやバッグといった和装小物がセットになっていて、すぐにでも着用できる状態の物は買い取り額がアップしやすくなります。
男の子用の着物なら、羽織と袴、雪駄、角帯、扇子などがありますが、付属品が多く状態が良ければ査定額も良くなる傾向があります。

 

ただし、金額が高くなるのは正絹の着物に限られます。
洗える着物で評判のポリエステルは扱いやすく人気が高いのですが、着物としての価値は落ちてしまうため、買取りの対象になっていない買取店もあります。
正絹ではない着物を買取りしてもらいたい時は、化繊の着物を買取りしてくれるのか予め確認してから出張査定の依頼をしましょう。
正絹と一緒なら化繊の着物を引き取るという買取店もあるので、買取りしてほしい着物がたくさんある時は出張査定の時に出してみましょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!