着物買取で高値を付けるポイントは?

着物買取では、一般的に査定員による出張査定で価格が決められることになります。
小物や帯などでも値段がつくものであれば、どんなものでも査定してくれます。
高額査定をしてもらうには、着物の質が問われ、買取りで高額が付く着物と言うものがあります。
買取る側としては、売れる品であることが大事なので、着物の素材が重要になります。
沢山ある素材の中でも人気が高いのが、希少性が高くて価値のある正絹でおられている反物です。
夏場の着物なら、麻で出来ていて風通しの良い物が高額査定の対象になり、値段が高くなる傾向にあります。

 

着物にはたくさん種類がありますが、用途や素材で価格は大きく変わってくるものです。
そうした中、もっとも良い値段が付きやすいのが訪問着で、日常生活において使用用途が高いからです。
訪問着なら中古での販売もしやすく、滅多に着ない着物を新しく買うより、むしろ中古の訪問着を求める人の方が多い傾向にあります。
訪問着の次に人気があるのが、成人式などで必要な振袖で、次いで着やすい紬や留袖、小紋などが高額査定の対象になります。

 

一般的に紬の着物や帯は高額査定になりやすく、特に有名な大島紬や結城紬などは価格がアップします。
特に宮城県や鹿児島県の本場の大島紬や茨城県や栃木県の結城紬などは、制作に1年以上かかる紬の最高級品と言われています。
大島紬と結城紬は、新潟県の塩沢紬と並んで日本三大紬として知られているので、かなりの高額買取が期待できるでしょう。

 

着物の状態も着物買取で高値を付ける大きなポイントになります。
素材以上に重要になることもあるのが着物の状態で、リサイクルできる着物は美しい状態ですぐに着用できることが大事です。
出張査定にやってくる査定員の目は厳しく、着物は洗濯ができないので、着用した際の汗染みがそのまま残っていると価格ダウンになります。
また着物はアイロンがけができないので、綺麗に畳んでいないとシワができやすく、査定前にはその辺のチェックも必要です。
着物は虫食いが出来やすい素材でもあるので、査定員に指摘される前に、虫食いがないかどうかも確認しておきましょう。

 

着物買取で高値を付けるポイントで、意外と見落としがちなのが着物のサイズです。
サイズは買取り時の重要な要素の1つで、かつて日本人は身長が低かったのですが、最近は体型がよくなっていて、平均身長は昔と比べるとかなり高くなっています。
基本的に着物は比較的小さめのものがよく販売されていて、身長が高い人のサイズの着物はあまり販売されていません。
このことから着物買取では、標準サイズよりも大きめサイズの方が希少性が高いと判断され、査定員は高く買取ってくれます。

 

通常の着物よりも高額査定になりやすいのが、作家が作ったものやブランドものです。
専門に反物を作っている人のデザインが反映されるのが着物なので、自分の好きなブランドがあります。
最近は特に活躍するデザイナーによるブランドものの着物が増えていて、ブランド物は通常の着物よりも人気があるので高く買い取ってもらいやすいです。
有名ファッションブランドから数量限定で販売されている着物の場合、プレミア価格がついて定価の何倍にもなることがよくあります。

 

着物のデザイン性についても、着物買取で高値を付けるポイントになります。
流行のデザインや古典柄など、着物には沢山の種類がありますが、中でも一番高額査定が期待できるのが今現在流行しているデザインの着物です。
近年、若者の間で着物ブームが到来している影響もあり、最近は若い人でも着こなせるような着物の柄に人気が集中しています。
着物の流行は10年周期で巡ると言われていて、1、2年で流行りすたりのあるカジュアルの衣類と比較すると長いスパンでの変化になります。
そのため、新作の着物でなくても、販売されてから10年以内のデザインの着物であれば、比較的良い査定がつくでしょう。

 

着物買取で忘れてはならないのが、証紙の有無で、高値がつくかどうかの大事なポイントになります。
証紙は着物の品質を示す重要なアイテムで、単なる一切れの紙なのですが、着物の素材や製作者、産地などが明記されています。
着物にあまり詳しくない人でも証紙を見ると、着物のランクが分かるようになっているので、査定員は証紙があるかどうかをチェックします。
着物に証紙がついていれば、買取りに出す場合、高めの価格で買い取ってくれる可能性が高いです。
一枚の紙に過ぎないのですが、証紙があるのとないのでは評価が大きく変わり、特に人間国宝が仕立てた着物なら必須アイテムになります。
将来の買取を想定して、着物を購入した際には証紙は大切に保管をしておくべきです。
出張査定で買取り依頼する際、着物と一緒に証紙を段ボールに入れておくと、査定員の心象がアップします。
着物の値段をアピールするのに証紙は欠かせないアイテムの1つになるので、積極的に活用するようにしましょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!