和服・着物買取で成功するポイントは?

和服や着物が沢山手に入ったり、手持ちのものを整理、処分したいときなどでは、買取サービスを利用したいと考える方も少なくはないはずです。
捨ててしまえば一銭にも成りませんし、誰かにあげたいと思っても、譲り受けてくれる人も多くはないでしょう。
そう言った処分に困る着物類を引き取ってくれる買取サービスを利用すれば、良い品物でしたらそれなりのお値段で買取ってもらえます。
着物では振袖と言った一時期しか着用しないものや、既婚、未婚問わず着用できる訪問着、他には帯や小物装飾類も引き取ってもらえるので、色々併せて査定を頼んでみるのも良いかも知れません。
では、買取サービスを利用して、出来るだけ上手く買取って貰える方法を考えてみましょう。
まず、着物の買い取りで重要なのは、品物の状態がどうなっているかということです。
雑なしまい方をしたり、ぞんざいな扱いをして傷んだり、シワが寄ったりしていれば、マイナスポイントとして計算されてしまいます。
他にもほつれや汚れ、匂いなども気をつけておきたいものです。
この為、丁寧に扱われていて綺麗な状態で保存されているもの、新品同様でほとんど劣化していない状態では、それだけ高値が期待できます。
この辺りは着物の保管知識も深く関わってきますので、普段からキチンとした収納タンスで保管してあるもの、虫干しや土用干しなどを行ってコンディションを保っているものでは、生地の状態も良く、その分、高額査定が期待できるでしょう。
折角の高価な着物ですから、普段の保管方法と、手入れを行っておいたほうが、後々、手放す際にも価値を保っていてくれるはずです。
長時間着用してたり、暑い時期に着用してそのまま収納したりしている場合、いざ、売ろうと思って見てみると、匂いやカビ、シミに気づく場合もあるかも知れません。
通常の衣類と違い、着物はデリケートですから、クリーニングを頻繁に行うのは難しく、また、クリーニング費用も割高です。
クリーニングで査定がアップしても、クリーニング費用を帳消しにするだけの査定アップが期待できるとは限りませんから、やはり、普段から着用したら確認したり、それなりに手入れするなどの工夫はしておいた方が良いかと考えられます。
ただ、シミなどが有っても査定は低くなるかも知れませんが、買取って貰える場合はあるので、諦めず相談してみるのは大切です。
状態を確認できたら、大切なもう一つの要素としては、やはり、着物自体の品質ということに成ります。

生地の質や、仕立て、有名なお店で購入したものかどうかなど、着物の品質を見極める点は多くありますが、一つのポイントとしては、作家物かどうかが重要となります。
作家物は、洋服で言うデザイナーものの様な位置づけとなっており、人気となっているものも少なくは有りません。
伝統工芸士や職人的な仕事の他にも、新進気鋭の作家もありますから、巷には意外と出回っています。
まず、着物を調べてみて落款がついていたら、作家物である可能性は高いです。
ただ、落款の字は読みにくかったりという事もありますし、落款から作家についての情報を個人で調べるのは難しいものがあります。
もし、こう言った落款がついているものであれば、正贋を確かめたり、どういう作家のものなのかを確かめるためにも、査定を頼んでみると良いかも知れません。
勿論、こういった落款が見つからなくても高価買取可能な品はありますし、まとめて売却すれば、それなりの査定がつくことも期待できますので、まずは、査定だけでも考えてみては如何でしょうか。
さて、では、どういった風に買取を進めていけば良いかという点ですが、近年では着物関係の出張査定を行うお店が多くなってきました。
京都では、伝統ある専門店が出張員を派遣してくれるので、こういったしっかりとした査定ができるお店を捜してみるのが良いでしょう。
と、言うのも、総合的に手広く商売をしている買取サービスでは、着物の良し悪しはある程度わかるかもしれませんが、専門店の方が総合的に着物には詳しいですから、色々な点でメリットがあります。
着付け教室で使ったり、レンタルに回したりなど、専門店の方で色々なサービスを手がけていれば、その分、着物買取についても前向きな査定を付けてくれることも考えられるでしょう。
持ち込みでなく、出張をおすすめする理由としては、自身で色々なお店に回る必要が無いため、多くの査定をお願いしやすい点を考えてのことです。
出張査定では査定員が向こうから訪ねてくれるので、着物を度々屋外に持ち出したりと言った手間も省けます。
多数の査定を頼むのは、買取を依頼する際にはセオリーで、買取先を絞り込むには勿論、査定員に対して査定額についての交渉や条件交渉といった点でもメリットがあります。
出張では費用がかかるかと心配の場合もあるかも知れませんが、近年では出張費用、査定費用ともに取らないタイプのお店も多くなっていますから、気軽に相談しやすくなっています。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!