反物の買取相場はどれくらいなの?

自宅の箪笥の中には、着ていない着物やまだ着物に仕立てていない反物、帯などの和装アイテムがあるという人もいるのではないでしょうか。
形見分けとして祖母や母親、親戚のおばさんからもらうこともある和装アイテムは、着るシーンも少ないことから一度も袖を通したことがないというものがあるという人も多いものであり、好み以外にも年齢やシーンによっても選ぶ和装アイテムは違ってきます。
せっかくのいいものはそのままにしていても価値がないことになってしまうので、大切にしてくれる人に譲るためにも買取を利用してみるといいでしょう。

 

買取サービスは、リサイクルショップでも利用することができるのですが、幅広い種類のアイテムを揃えていることから着物について専門的な知識を持ったスタッフがいないため、正しい査定額を提示してもらえないこともあります。
着物專門の買取店を利用してみれば、正しい知識を持った査定員に評価をしてもらえて高額査定も期待ができます。

 

着物買取では、訪問着や留袖、振袖や袴など豊富な種類の取り扱いがあり、帯や草履、和装バッグなどの小物類も一緒に売ることができる店舗もあります。
まだ着物に仕立てていない反物でも売ることができるのですが、より高く買い取ってもらうためには着物に仕立ててからがいいのか迷っている人もいるでしょう。
しかし、着物の状態に作る前の反物の方が高い価値を価格を付けてもらえる可能性があります。

 

着物は、仕立ててしまったものであっても洋服のように縫い代を狭くカットすることがほとんどないので、残された縫い代でサイズ調整をすることができます。
しかし、長さに関してはカットしてしまっているので、サイズ調整がききません。
反物のままであれば、着る人のサイズに合わせて裁断して使ってもらうことができるので、より幅広い体型の人に合わせて作ることができます。

 

反物の買取相場としては、どんな用途に使用する着物なのかによっても違いがあり、ポリエステルなど化繊の繊維であれば、がっかりするような安い査定額が付けられてしまったり、場合によっては買取不可能という店舗もあります。
しかし、シルク製で作家ものや工芸品などの特別なものになれば、驚くような高額査定になることもあります。
査定員によっても評価の違いがあり、同じものでも違う査定員の人に査定をしてもらえば価格にも差が出てくるので、数店舗に査定を出してその商品の相場を知り、比較してから売るといいでしょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!