古着屋の着物買取って買取価格は安い?

洋服を売るなら、古着屋に行くのが一般的です。
様々な洋服を買取してくれるので、処分をするときに利用する人は多いでしょう。
古着屋では一般的な洋服の他に、一部の店舗では着物も買取対象です。
祖母や母から譲り受けたものの着ない留袖や訪問着、成人式のときに着た振袖なども、一部の古着に持ち込めば引き取ってくれます。
着物を着る機会がほとんどないと、必要ない洋服と一緒に古着屋に売るかもしれません。
しかし、古着屋でできる着物買取は、買取価格が低くなりがちです。
洋服などと一緒に売っていると気付きにくいですが、着物買取の専門店と買取価格を比較すると、数万円の差になることもあるほどです。

 

それほどまでに買取価格に差がでる理由は、査定員に理由があります。
一般的な古着屋の店員は、洋服に関する知識はあっても着物に関する知識はありません。
着物は一般的な洋服とは全くの別物で、査定で見るべきところや評価の仕方が変わってきます。
ですから、査定員の知識量によって買取価格に差がでやすく、それが数万円の差になることもあるのです。
また、基本的に古着屋は、買取後は自社の店舗で販売するだけです。
そのため、査定で買取価格を出すときは、店舗で販売できる値段を基にして査定員は決めています。
しかし、着物買取の専門店は、買取後は自社で販売するだけではありません。
自社の店舗でリサイクル着物として販売するだけでなく、業者向けのオークションに出品したり海外へ輸出したりと、様々なルートを持っています。
ですから、専門店の査定員が買取価格を決めるときには、一番高く売れるルートを考えます。
自社で販売するより高く売れるルートがあるなら、そのルートで売れる値段を参考に買取額を決めるので、古着屋よりも高くなるのです。
買取後の流通ルートの豊富さを考えると、着物買取の専門店を選ぶべきでしょう。

 

そもそも古着屋は買取価格が安いだけでなく、着物買取に向いていない理由があります。
古着屋では一目で価値のある着物なら買取対象になりますが、訪問着などは価値がないと判断され、買取を断られるケースも少なくありません。
また、帯だけの買取なども断られるケースが多く、買取対象の品目が少なくなっています。
しかし、着物買取の専門店は特化している店舗なので、訪問着も帯も買取可能です。
着物買取専門店は、古着屋よりも高額査定が期待できて便利なので、着物を処分するときには選ぶべき店舗です。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!