着物買取はリサイクルショップで買取ってもらったら損する?

リサイクルショップでは、家具や家電、楽器やスポーツ用品から海外の有名ブランド品まで、様々な品物を売ることができます。
不用になった着物も買取可能なので、出張査定などで自宅まで査定員に来てもらったら、様々な不用品と一緒に売却したくなるかもしれません。
しかし、着物の売却を考えているなら、リサイクルショップの利用は避けるべきでしょう。
リサイクルショップの利用を避けた方が良い理由は、買取価格が低くなってしまうからです。

 

着物は家具や家電などとは違い、査定には専門の知識が要求されます。
本当の価値を見極めるためには、色々な着物を見て養える経験も重要です。
しかし、リサイクルショップの査定員は、着物に関する高度な知識は持ち合わせていません。
査定時にはサッと着物の状態などを見るだけで、市場での需要なども反映せずに金額を決めてしまいます。
適当なリサイクルショップの場合は、着物の価値すら見極めず、査定した枚数によって決める店舗すらあります。
ですから、たとえ京都の有名呉服店で仕立てた価値のある着物でも、高額で売ることはできません。
市場で人気のあるデザインだったり、有名作家の着物でも同様です。

 

基本的にリサイクルショップで売ったら損をするので、着物を売却するなら専門店を利用するのが一番です。
着物の買取を専門とする店舗なら、査定員は着物に関する知識を豊富に持っています。
これまで数多くの着物を実際に目にして手に取ってきているので、経験に関しても問題ありません。
確かな目で着物の価値を見抜きながら、中古市場での需要も考えて買取金額を決めるので、京都の有名呉服店で仕立てた着物も納得できる金額で売却できるでしょう。

 

また、着物の買取を専門とする店舗では、着物だけでなく帯や小物の買取にも対応しています。
リサイクルショップの場合は、着物買取可能でも帯や小物は買取不可な場合があります。
着物を売るときは帯も一緒に売ることが多いので、全て引き取ってくれる専門店は便利です。

 

また、専門店の多くは着物の出張査定も行っています。
リサイクルショップの出張査定と同じく、自宅まで査定員が来てもらえるので、処分したい着物が大量にある場合にはとても便利でしょう。
リサイクルショップは汎用性が高いので、不用品を売るときは便利な店舗です。
しかし、査定員の専門性は低く価値を見極めることが難しいので、着物を売るなら高額査定を期待できる専門店を選びましょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!