着物買取の相場ってどれくらい?

着物を買取してもらう場合、果たしていくらくらいで売れるのかが気になるところです。
ただ正確にいくらくらいで売れるのかについては、現物を見てみないと何とも言えません。
買取価格については、保存状態や購入時期、市場における人気度などで大きく変わってきます。
様々な要因で決まってくるので一概には言えず、同じような着物でも値段が全然違うことはよくあります。

 

訪問着などを沢山持っている人にとって、着物の買取価格の相場は気になるところですが、大まかな相場であれば把握できます。
たとえば、よごれやしみがある着物やウールや合成繊維の素材の着物なら、買取相場は0円から5,000円くらいです。
新品の着物や絹素材で最近10年以内のものであれば、 5,000円から20,000円くらいが相場になります。
こうして見ると、着物の買取価格は想像以上に低いのがわかります。
そのため、何も知らずに買取に出すとショックを受けるかもしれません。
100万円で買った着物が買取に出すと10万円くらいになることはよくある話です。
しかしタンスの奥に着物をしまっていると、虫に食われるので、買取に出してお金に換えるのも有意義な手段と言えるでしょう。

 

着物の買取で高額査定が期待できるのは、証紙付きの有名な着物や伝統工芸品です。
あつらえものの着物は世界に1つだけの一点物になるので、ある程度長さがあって仕立て直しがしやすい着物であれば高額になる可能性があります。
買取価格が最も高くなるのは、作家物や人間国宝物の着物で、綺麗に保存されたものであれば、数十万円の買取価格が付く可能性大です。
こうした着物を持っていて、着る予定がないのであれば、買取に出す価値はあるでしょう。

 

着物を買取に出す場合、高額査定を狙うなら、きちんとした専門家のいるお店に査定依頼するのがおすすめです。
買取専門店に出せば、ブランド品や人間国宝品、作家物などの貴重な着物は相場よりも高く買い取ってくれます。
無名作家の着物や汚れのついた着物でも、専門家がしっかり査定してくれるので、諦めずに相談してみることです。
着物を査定してもらう場合、お店に着物専門の査定士がいるかどうかで、買取価格はかなり変わってきます。
そのため、きちんとしたお店の買取ショップで査定をしてもらう必要があります。
たとえばリサイクルショップなどの場合、着物の専門家がいないので、作家物や人間国宝物の着物の価値がわかりません。
専門家がいないお店では、買取価格が安くなることがあるので十分に注意しましょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!