留袖を着るときに必要な小物

着物を着るときには様々な小物が必要です。
ここでは、留袖を着るときの小物を紹介しましょう。

 

肌襦袢、裾よけ、長襦袢

着物を着る時の下着で、留袖には白い物を合わせます。

 

半衿

長襦袢に縫い付けておき、着物の衿元から見えるものです。
留袖には白い物を合わせます。

 

衿芯

薄いプラスチックの芯で、半衿の内側に入れて衿元に張りを持たせるものです。

 

腰紐

着付けをするときに、着崩れないように締める紐です。
帯を締めるときにも使い、全部で4〜6本必要です。

 

タオル

着付けのときに、体のラインの凸凹を補正します。

 

伊達締め

腰紐よりも太く帯よりも細いベルトで、2本必要です。

 

帯の中に入れてお太鼓の形を整えます。

 

前板

前の部分の帯の中に入れて、帯に張りを持たせます。

 

足袋

留袖には必ず白い物を合わせます。

 

帯締め、帯揚げ

帯締めは帯の一番上に巻く紐、帯揚げは帯の上部に見える布のことです。
留袖にはどちらも白い物を使います。
帯揚げは綸子か総絞りを使い、帯締めは平打・丸組・丸ぐけが良いでしょう。

 

草履

留袖には、かかとが高く台と鼻緒が同じ色のものとします。
かかとの高さは格の高さを表します。

 

バッグ

バッグは草履とお揃いにします。

 

祝儀扇

帯の左側に刺しておきます。
金銀の地色に、黒塗りの骨の物が良いでしょう。

 

かんざし

あればあっても良い、という程度ですが、まとめ髪にかんざしを刺すと華やかさが増しますね。
ただし、留袖には品のある、真珠・蒔絵・金銀などが良いでしょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!