着物の格、礼装着

着物にも洋服同様、TPOがあります。
着物の格は洋服よりもはっきりとしており、ある意味厳格に守られている日本の伝統ですね。

 

『礼装着』は着物の中でも最も格が高く、正式な場所や特別な時、公的な儀式などで着るものです。

 

打掛け

白無垢、色打ち掛けなど、結婚式の花嫁衣装になっているものです。

 

黒留袖

既婚女性の第一礼装で、結婚式では新郎新婦の母や親族が着ます。
年齢によって相応しい柄行を選びますが、染め抜きの五つ紋、白の比翼仕立てにします。

 

本振袖

独身女性の礼装着です。長い袖と華麗な絵羽模様が特徴です。
全模様で袖が長いほど格が高いと言われています。
本振袖は大振袖とも呼ばれており、袖の長さは三尺三寸〜三尺(約124〜114cm)。
花嫁衣裳や成人式、披露宴などに着ます。

 

喪服

黒紋付とも世慣れており、黒一色で五つ紋付の着物です。

 

上記のように、独身女性の礼装着は花嫁衣裳や本振袖の五つ紋付ですので、結婚式が独身最後の晴れ姿となります。

 

最近は年齢や立場にとらわれずに、振袖を着る方もいらっしゃるようですが、正式な場所や公的な儀式に着物を着ていく場合には、相応の着物を着るようにしましょう。

 

また、着物に見合った和装小物を用いるようにしてください。
格に合わない草履やバッグなどは避け、必ず全体のバランスを考慮するようにしましょう。
バランスの悪い着方はマナー違反にもなりますし、恥をかくことになりますので避けてください。

 

格の高い着物ほど、気遣いながら正式な着方をしなければいけませんね。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!