TPOに合わせた黒留袖の選び方

黒留袖もいろいろです。
いまはレンタルも手軽にできますので、年代・立場・場所に合わせて留袖を選ぶことができますね。
どんな留袖が相応しいのでしょうか。

 

新郎新婦の母

格調高い落ち着いた柄のものが良いですね。
おめでたくて格が高い柄に、鶴・亀・松竹梅・四君子・鳳凰などがあります。
もちろん帯も、着物に合わせて格の高いものが良いですね。

 

近親者・兄弟姉妹の結婚式

一般的には裾模様の位置が低く面積が小さい方が年配向けだとされています。
若い方は、華やかに大きめの可愛らしい柄が良いでしょう。
年配の方は、すっきりした柄で格調高いものが良いですね。

 

仲人

落ち着きのある年齢相応の柄を選ぶと品がありますね。
お若い年齢で仲人になった場合でも、できれば地味な色や柄を選んで花嫁を引き立てたほうが素敵です。

 

上記のように「留袖」と一括りに言っても、年代や立場で相応なものが異なります。
良い着物は高価ですし、TPOに合わせて何枚も揃えることは難しいでしょう。
便利にレンタルを利用して、その都度TPOに合ったものを着用するのが理想的ではないでしょうか。

 

そして、留袖には格調の高い袋帯を合わせてください。
レンタルする場合、レンタル業者の方が詳しいでしょうから相談するのも良いですね。
留袖には、ベースが金・銀・白の格調高い袋帯を二重太鼓に結びます。
帯揚げは白を用いて、総絞りか綸子のものが良いですね。
帯締めも白で揃えて、平打・丸組・丸ぐけにします。
白地に金や銀の組み合わせも良いでしょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!