着物が着崩れしないコツ

美しく着物を着ている人は、本当に素敵ですね。
長時間経過しても着崩れることなくピシッと着ている姿は、羨望の眼差しを集めるでしょう。

 

ここでは、着物の着崩れ防止のコツ、着崩れてしまった時の対応策についてお話ししましょう。

 

長時間着崩れしないポイント

まず第一に、着付けの時に体のラインの補正をしっかりして凸凹を直してください。
補正は、痩せた方・太った方が体型に合わせてタオルなどを巻いて着物に合う体型を作るもので、ここで凸凹を直しておきます。
また、体型にあった着物を選び、腰紐は腰骨のところできっちり結びます。
着付けに自信がない方は、結婚式のような場合にはプロに着付けを依頼すると良いですね。

 

着付けが終わったら、大きな動作を控えます。
大股で歩いたり腕を肩より上に上げるのは、着崩れもしますし行儀が悪い行為です。

 

それでも、気を付けていても着崩れてしまうこともありますね。
着物を着ているときには、トイレに立ったときなどに、小まめに着崩れのチェックをしましょう。
気付いたら早めに直して、ひどく着崩れることがないように気を付けましょう。

 

・衿元
身八つ口から手を入れて、まず左手で下前を整え、次に上前を整えます。
帯の下のおはしょりの部分を引っぱって緩みを直します。

 

・身八つ口
だぶ付きは、おはしょりを下に引っ張って直します。
おはしょりの余った部分を帯の内側にしまい隠すとキレイです。

 

・帯の下
帯のたれを上げて、おはしょりを内側から引っぱって、後ろ姿を鏡で確認してください。
裾丈が短くなってないかなど、チェックしましょう。

 

・おはしょり
長時間座ったり、トイレの後は、おはしょりが乱れてしまうことがあります。
まめにチェックして、おはしょりを両手で下に引いて、気になるシワがあるときは手を帯の下に入れて、シワを両脇に寄せるように整えます。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!