着物で結婚式に出席するときの髪型

最近では、結婚式に出席するときも、洋服ではフォーマルではないワンピースを着用している方も珍しくありませんね。。
逆に、着物を着ている方は珍しいかもしれません。
しかし、洋服も良いですが、着物はやはり目を惹く美しさがあって素敵ですね。
着物を着たいと考えていても、なかなか思い切れないという方は多いでしょう。
着物を着る機会がない方は、結婚式に招かれたら、今度が是非、良い機会だと思ってチャレンジしてみましょう。

 

着物を着るときには、和装小物や着付けのことも気になりますが、髪型をどんな風にしたら良いのか悩みますね。
ここでは、結婚式に着物で出席する際の髪型について、お話ししましょう。

 

花嫁より目立たない。

結婚式の主役より目立つようではマナー違反です。
着物というだけで華やかですので、華美な髪飾りなどは必要ありません。

 

シンプルに。

結婚式に着物で出席すると、華やかさが増して喜ばれます。
また、着物というだけでも目立ち、注目されることもあるでしょう。
ですから、せめて髪型くらいはシンプルに、目立たないものを心がけましょう。

 

着物とのバランス。

着物には、ある程度のボリュームがある髪型が良いと言われています。
着物のボリュームを考慮すると、髪型もボリュームがあったほうが似合いますね。
アップにするにしても、洋装とは違います。
着物との相性も大切です。

 

髪飾りは着物の一色から。

髪飾りを付けたいときは、着物の柄の色の中から一色選ぶとまとまります。
複数の色の派手で華やかな着物の場合、それ以上の色づかいは不要です。

 

着物を汚さない髪型。

着物は、汚してしまうと手入れが大変です。
髪のセットに使う整髪料が着物に付くと、着物を傷める原因となります。
ショートヘアやボブヘアの場合には、襟足が着物に触れない髪型にすると良いでしょう。
整髪料のアルコールは着物の退色や脱色の原因になることがあります。
ヘアセットは、着付けの前に行いましょう。

 

髪飾りは小物と格を合わせる。

着物の着こなしには、小物の統一感も重要です。
帯・草履など小物と同様に、髪飾りも着物の格に合うものにしましょう。

 

着物が得意な美容院。

着物の着付けや髪型が得意な美容院があります。
口コミや知り合いからの情報などを収集して、美容院の得意不得意を知っておきましょう。

 

着る着物と同様に、髪型もTPOに合わせ、また年齢に合ったものにしましょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!