着物の紋、家紋としゃれ紋

着物の紋は、「家紋」と「しゃれ紋」があります。
家紋は家を表すもので、定紋も呼ばれる表紋を用います。
しゃれ紋は、替え紋や伊達紋と言われる、略式の紋です。
家紋をアレンジしたものや、自分好みの模様を紋にするなど、装飾用として使います。

 

家紋は正式なもの、しゃれ紋は替え紋と言って略式になります。

 

紋の表現

●日向紋・陽紋・・・・・紋の部分を白く染め抜いたもの。
●陰紋・・・・・・・・・・・・・紋の輪郭を白く染め抜いたもの。
●中隠紋・・・・・・・・・・・陰紋より太い線で日向紋と陰紋を組み合わせたもの。
●覗き紋・・・・・・・・・・・紋の一部が下から覗いたような形。
●摺り込み紋・・・・・・・型紙を使って捺染の技法で紋を表す。(薄い地色の着物に)
●胡粉・・・・・・・・・・・・・白い粉で白く紋を表す。(地色が濃い着物)

 

日向紋は表紋としてが正式な紋、陰紋は略式の紋、覗き紋などはしゃれ紋となります。

 

紋の技法

紋を表す技法は、染め紋と縫い紋があり、染め紋には「染め抜き紋」と「染め紋」があります。
染め紋は、黒などの色を使って紋を染め、染め抜き紋は紋の形に白く染め抜く方法です。
染め抜き紋は紋の技法で最も格が高いので、留袖などの正礼装の着物に5つの染め抜き紋入れます。
刺繍で紋を表す「縫い紋」「刺繍紋」は糸で紋を表し、略式として扱われます。
ですから、訪問着や色無地の着物に縫い紋を入れることで、略礼装として着ることができます。
また、張付紋は着物と同じ生地にあらかじめ紋を染めて貼り付ける方法で、貸衣装などで使用されています。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!