着物の衣更え

着物にはしきたりがあり、昔から季節によって着物の材質や仕立て方法を変える更衣えの習慣があります。
現在は制服がある学校や企業において、年に2度、6月1日から夏服、10月1日から冬服に衣替えをしますね。
着物の場合は、袷・単衣・うすものと、年に3度の衣更えがあります。

 

7月8月の2ヶ月は、「うすもの」の着物を着用します。
単衣の着物と同じ仕立て方法で、素材は盛夏用の生地を使い、非常に涼しげです。
絽や紗などの透ける生地で、帯や長襦袢、小物も絽や紗やレースなどの素材で合わせます。

 

ただし、結婚式や式典を行う場所のほとんどが冷暖房完備の施設になっており、昔のように「うすもの」の必要性が差ほどないとも言われています。
また、夏でも貸衣装の都合などで、袷の着物になってしまう場合もあるようです。
しかし、夏にはやはり、目に涼しげなうすものが良いですね。

 

また、6月と9月の2ヶ月に着るのが「単衣」です。
袷の着物の生地に裏地をつけない仕立て方法で仕立てられ、6月には涼しげな模様や色と夏物の小物を使用し、9月には秋を思わせる模様や色と冬物の小物を用います。

 

一般的に10月〜5月いっぱいは「袷」の着物を着用します。
袷の着物は、すべりの良い羽二重などを裏地に用いることで着やすくし、表地に裏地を縫い合わせた仕立て方法で仕立てます。
表身頃・裏袖・裏衿・裏衽を、胴裏という生地で、また、裾の部分は裾回しや八掛という生地で仕立てます。
そして、留袖や訪問着の場合、表地と共布で仕立てます。

 

かつて、着物で季節感を感じられた時代がありましたが、最近では冷暖房完備になっている設備がほとんどのため、季節に外れた着物を見かけることもあります。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!