和装小物、バッグの選び方

着物を着たとき、バッグはどんな風に選びますか。
バッグは、着物のときに限らず、洋服のときでもオシャレのポイントになりますね。
ある意味、バッグひとつでコーディネートが引き立つか台無しになるかを決める場合もあります。
特に着物の場合には、選び方が難しいと感じている方が多いようです。
どんなにバッグ好きな方でも、着物に馴染みがない方には着物のバッグを選ぶのは難しいかもしれません。

 

しかし、着物だからと言って、そんなに固く考える必要はありません。
「着物だから和装用バッグでなければいけない」と思っている人は多いようですが、そんなことはありません。
もちろん、正式な場所では和装用バッグが望ましいですし、和装バッグでなければ相応しくないということもあります。

 

和装用バッグは小振りな物が多く、あまり実用的だとは言えません。
荷物がほとんどないときであれば見栄えのために和装用バッグを持つのも良いですが、和装用にこだわらず洋服と兼用ができる実用性のあるバッグを選ぶと良いでしょう。

 

とは言え、どんなものでも良いという訳にはいきませんよね。
バッグを選ぶポイントをいくつか挙げてみましょう。

 

持ち手が長すぎないもの

着物は袖の振りがあります。
肩に掛けるショルダーバッグや斜め掛けのバッグでは、使い方に問題がありますね。
もちろんリュックタイプのものはNGです。
持ちての長さは、手に持ったり手に掛けたりできる短めのものとお考えください。

 

横長のもの

着物は裾まで長さがあり、全体に縦長の印象を与えます。
ワンポイントにもなるバッグはバランスを考えて横長のほうが良いでしょう。
また、あまり深さがあると中の物を取るときに袖が邪魔になってしまいます。

 

デザインを考慮する

お好みのもので良いとは言え、スポーティーなものや色や柄がハードなものは避けたほうが無難です。
着物とのバランスが悪ければ、全てが台無しになってしまいます。

 

つまり、着物に合わせたバッグを選ぶときは、和装洋装にこだわるのではなく、全体のバランスとして形や色、大きさや素材などで選ぶと良いでしょう。
和装のセンスを引き離すアイテムのひとつがバッグです。
お気に入りのブランドから、着物に合いそうなバッグを探してみるのも良いですね。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!