着物、和装コートのいろいろ

和装コートにはいろいろな形のものがあります。
特に衿には特徴があり、丈の違いなども含めて個性の出しやすいアイテムだと言えるでしょう。

 

一般的には、額縁のような仕立ての小衿が四角い道行衿が多くなっています。
ほかに、千代田衿は洋装の衿を取り入れた形になっていますし、へちま衿も洋服の雰囲気を持っています。
都衿は道行衿の角を取った形になっており、子ども用にはブラウスの衿のような被布衿、道中着の道中着衿、着物衿コートにの広衿などがあります。
道行衿以外のコート衿は、和服では珍しく洋服と同様に型紙を使って衿を仕立てます。

 

また、羽織の裏に羽裏、コートの裏にコート裏、単衣仕立ては肩裏を用いており、羽織は脱ぐ機会があまりありませんが、コートは訪問時に脱ぐため、裏地が思っている以上に目立ってしまいます。
コートの裏地にこだわっている方は多く、手描き・型染めの友禅・更紗・絞り染・ぼかし染などが選ばれます。
着物通は裏地の色や柄はもちろん、実用面においてはすべりが良く脱ぎ着しやすい羽二重や平綸子などの生地を使用し、表地とのバランスも考えます。

 

和装コートは、目的や好みに合わせて丈はいろいろです。

 

通称「長コート」の対丈、防寒、礼装目的の9分丈コート。
9分丈コートで多少長いという方は8分丈コートがあります。
普通丈より少し長めの7分丈コート。
いわゆる普通丈の半コートは6分丈コートです。

 

袖丈は、着物の袖丈から約0.8〜1cm短く、裄は約0.8〜1cm長く、コート丈は半コートで身長の0.6から0.65を基準とします。
年齢や体型、或いは生地や形の好みで異なりますが、防寒、礼装、おしゃれなどの目的別、或いはお好みで丈を決めると良いですね。
特に背の低い方は、コート丈で見た目の印象が違いますので、気を付けて選びましょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!