着物についてA記事一覧

 

着物は、日本が世界に誇る伝統文化です。しかし、かつて日常で着られていた着物ですが、今では普段から着物を着ているという方は非常に少なくなっています。それは何故でしょうか。洋服のほうが手軽で気軽に着られるから。着物は着付けもアフターケアも大変だから。着物は高価だから。など、その理由が様々でしょう。しかし、生活の中に着物を取り入れると、それだけで世界観が変わります。もっと気軽に着ものを楽しみましょう。着...

 
 

『着物がタンスにしまいっ放しになっていて、タンスの肥やしになっています』「タンスの肥やし」という言葉をこのように使う人は多いのではないでしょうか。あまり、良い意味ではありませんよね。いかにも無駄になっているような、「肥やしになっている」=「要らないもの」という印象がありますよね。しかし、本来「タンスの肥やし」は、そんな意味ではないのです。かつて、タンスの中身はほとんどが着物でした。嫁入りするときに...

 
 

和装コートにはいろいろな形のものがあります。特に衿には特徴があり、丈の違いなども含めて個性の出しやすいアイテムだと言えるでしょう。一般的には、額縁のような仕立ての小衿が四角い道行衿が多くなっています。ほかに、千代田衿は洋装の衿を取り入れた形になっていますし、へちま衿も洋服の雰囲気を持っています。都衿は道行衿の角を取った形になっており、子ども用にはブラウスの衿のような被布衿、道中着の道中着衿、着物衿...

 
 

洋服にも用途によっていろいろなコートや上着があるように、和装コートにもいろいろな種類があります。例えば道中着は、オシャレコートとして普段着に気軽に羽織ります。衿は道行衿でなく、裾に向かって広くなるバチ衿風になっています。表地にちりめんや紬を使い、好みの着尺地で仕立てます。ただし、礼装には用いることはできません。雨の日には雨コートを用います。雨コートは雨や泥はねから着物を保護するすっぽり包む対丈にな...

 
 

着物を着るときには、用途に応じて着物用のコートを着ます。和装コートにも、洋装のコート同様にTPOがあり、相応しくない場所への着用はマナー違反になるので気を付けなくてはいけません。。ここでは普段着使いの和装コートについてお話ししましょう。オシャレコートは、防寒だけじゃなく埃よけを兼ていることがあります。正装にはふさわしくなく、街着としてして気軽に使用するファッション性を重視したコートです。夏には透け...

 
 

羽織と和装コートは違います。和装コートは室内に入るときに脱がなくてはいけませんが、羽織は室内での着用が許されます。しかし略礼装で羽織を着ているときには、親しい間柄であればかまいませんが、基本的には脱ぐのが良いでしょう。また、お茶会での羽織の着用はいただけません。最近では羽織が和装のオシャレ要素として用いられているので、略礼装時以外は室内に入ったときにはコート同様に扱うのが無難です。つまり、女性の羽...

 
 

着物の上に羽織る羽織りは、オシャレ的要素が強いため、センスが光ります。羽織りにもいくつかの種類がありますので、ここでは羽織りの種類を紹介しましょう。夏羽織り夏羽織りは、着物の『うすもの』と呼ばれる生地で仕立てた羽織で、単衣仕立てです。絽・紗・紋紗・羅・レースなど、透けた素材を用いて、初夏の6月〜初秋の9月頃まで着用できます。暑い時期に着物の上にもう一枚着るわけですから、オシャレでなくては意味があり...

 
 

着物を着たとき、バッグはどんな風に選びますか。バッグは、着物のときに限らず、洋服のときでもオシャレのポイントになりますね。ある意味、バッグひとつでコーディネートが引き立つか台無しになるかを決める場合もあります。特に着物の場合には、選び方が難しいと感じている方が多いようです。どんなにバッグ好きな方でも、着物に馴染みがない方には着物のバッグを選ぶのは難しいかもしれません。しかし、着物だからと言って、そ...

 
 

着物を着たときには、バッグや草履選びにも悩みますね。和装のポイントとなり、センスが窺えるのがバッグと草履です。また、バッグや草履を上手に選んでほかに差を付けられるようになれば、着物上級者といえるかもしれませんね。草履の場合、バッグほど形や大きさに違いはありません。最近は、サンダルのような形のものや底や鼻緒に工夫があるものなど、様々な工夫で履きやすさや見た目などの改善がされていますね。洋服には。ブー...

 
 

「草履の履き方」と聞けば、「足指に鼻緒を挟んで履くんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。もちろん、履き方はそれで合っています。しかし、せっかくですから『粋な履き方』をしたいと思いませんか。和装は、ある意味「粋」な雰囲気を表現しやすい服装ですね。草履もまた、履き方の工夫でより「粋」に履きこなすことができるアイテムなのです。履物は歩き方に直結しており、立ち振る舞いや雰囲気を作ることができます...

 
 

着物を着るときには、和装用の下着を身に付けます。着物や帯ばかりではなく、長襦袢などの着物の土台となる下着も重要だということを忘れてはいけません。また、和装の場合は下着を付ける順番も重要で、きちんとした順番で着ることで下地が乱れることなく、きれいに着付けをすることができます。和装の下着の順番1.足袋着物では白い足袋を履きます。自分の足のサイズに合ったもの、或いはきつめのもの選んでください。皺が入った...

 
 

着物にも洋服同様、TPOがあります。着物の格は洋服よりもはっきりとしており、ある意味厳格に守られている日本の伝統ですね。略礼装着は礼装着の次の2番目に高い格の着物です。華やで、入学式や披露などにぴったりですね。色留袖裾模様で地色が黒以外の着物で、既婚女性や独身女性でも振袖を着なくなった年代の方が、礼装・準礼装として着ます。結婚式では未婚の姉妹や親族が着ますし、パーティーなどの華やかな場所に合ってい...

 
 

着物にも、洋服と同様にTPOがあります。格の高い着物を普段着に使うのはおかしいですし、普段使いの着物を正式な場所に着ていくのもマナー違反です。TPOをわきまえて、正しい着方をしなくてはいけません。ここでは、映画やショッピング、旅行やお茶会など、気張らない外出に向いている着物についてお話ししましょう。外出着には、多少格のあるものもありますし、趣味として楽しむものもあり、最も応用範囲が広い括りになりま...

 
 

街着や普段着、浴衣は、ちょっとした外出など日常で着る着物として最適です。正式な場所や晴れがましい席で着用することは許されません。今で言う、Gパンのようなもので、家事や普段の生活の中で活躍する着物です。ですから、どんなに高価でも結婚式やお茶会などの格の高い着物を求められる場所には着ていくことはできません。日常着としての着物にはどんなものがあるのでしょう。紬織り着物の代表とも言える着物です。節のある糸...

 
 

着物にはしきたりがあり、昔から季節によって着物の材質や仕立て方法を変える更衣えの習慣があります。現在は制服がある学校や企業において、年に2度、6月1日から夏服、10月1日から冬服に衣替えをしますね。着物の場合は、袷・単衣・うすものと、年に3度の衣更えがあります。7月8月の2ヶ月は、「うすもの」の着物を着用します。単衣の着物と同じ仕立て方法で、素材は盛夏用の生地を使い、非常に涼しげです。絽や紗などの...

 
 

着物には、洋服にはない要素があります。そのひとつに『紋』があります。着物に入れる紋の数は「5つ紋」「3つ紋」「1つ紋」の3種類があり、紋の数が多いほど格が高くなります。5つ紋の場合、背縫い上に背紋を1つ、両外袖に袖紋を1つずつ、胸の位置に抱紋を左右に1つずつ入れます。5つ紋は正礼装の着物の場合にのみ、必ず染め抜きの日向紋を5つ入れます。正礼装の着物は黒留袖や喪服などがありますが、着物は紋の数で格が...

 
 

着物の紋は、「家紋」と「しゃれ紋」があります。家紋は家を表すもので、定紋も呼ばれる表紋を用います。しゃれ紋は、替え紋や伊達紋と言われる、略式の紋です。家紋をアレンジしたものや、自分好みの模様を紋にするなど、装飾用として使います。家紋は正式なもの、しゃれ紋は替え紋と言って略式になります。紋の表現●日向紋・陽紋・・・・・紋の部分を白く染め抜いたもの。●陰紋・・・・・・・・・・・・・紋の輪郭を白く染め抜...

 
 

最近では、結婚式に出席するときも、洋服ではフォーマルではないワンピースを着用している方も珍しくありませんね。。逆に、着物を着ている方は珍しいかもしれません。しかし、洋服も良いですが、着物はやはり目を惹く美しさがあって素敵ですね。着物を着たいと考えていても、なかなか思い切れないという方は多いでしょう。着物を着る機会がない方は、結婚式に招かれたら、今度が是非、良い機会だと思ってチャレンジしてみましょう...

 
 

着物を汚したときに、応急処置を知っていればシミや傷みの原因にならずに済みますね。ここでは、正絹の着物を汚した場合の応急処置についてお話ししましょう。絹は美しく、独特の光沢を持っています。また、同時に大変デリケートで取り扱いが難しいという印象がありますね。絹の特徴として、吸湿性に優れ、特に湿っているときに摩擦が起こると非常に弱いです。表面がケバ立ち、風合いが台無しになってしまいます。ですから、万が一...

 
 

美しく着物を着ている人は、本当に素敵ですね。長時間経過しても着崩れることなくピシッと着ている姿は、羨望の眼差しを集めるでしょう。ここでは、着物の着崩れ防止のコツ、着崩れてしまった時の対応策についてお話ししましょう。長時間着崩れしないポイントまず第一に、着付けの時に体のラインの補正をしっかりして凸凹を直してください。補正は、痩せた方・太った方が体型に合わせてタオルなどを巻いて着物に合う体型を作るもの...

 
 

普段化粧をしない方でも、着物を着たときにはメイクをするようにしましょう。着物を着たときのメイクは、普段と同じメイクで良いのでしょうか。ここでは、着物を着たときのメイクのコツについてお話ししましょう。余計なことはしない普段メイクをするときは、立体的な顔立ちに見せるために頬骨の下のシャドウやノーズシャドウなどを入れたり、目の下にハイライトを入れたりする方もいますが、着物メイクでは必要ありません。顔立ち...

 
 

黒留袖もいろいろです。いまはレンタルも手軽にできますので、年代・立場・場所に合わせて留袖を選ぶことができますね。どんな留袖が相応しいのでしょうか。新郎新婦の母格調高い落ち着いた柄のものが良いですね。おめでたくて格が高い柄に、鶴・亀・松竹梅・四君子・鳳凰などがあります。もちろん帯も、着物に合わせて格の高いものが良いですね。近親者・兄弟姉妹の結婚式一般的には裾模様の位置が低く面積が小さい方が年配向けだ...

 
 

留袖と色留袖はどのように使い分けたら良いでしょう。それぞれどんな場面が相応しいでしょうか。留袖新郎新婦のお母さまは留袖を着てください。留袖は、既婚女性で最も格の高い礼装、第一礼装です。新郎新婦のお母さまでなくても、親族や仲人として結婚式出席する場合は、留袖を着るのが一般的です。留袖は黒留袖とも呼ばれベースの色は黒です。裾に絵羽柄の裾模様が描かれ、この絵羽柄で格調や品位、豪華絢爛さを表現します。色留...

 
 

着物にも洋服同様、TPOがあります。着物の格は洋服よりもはっきりとしており、ある意味厳格に守られている日本の伝統ですね。『礼装着』は着物の中でも最も格が高く、正式な場所や特別な時、公的な儀式などで着るものです。打掛け白無垢、色打ち掛けなど、結婚式の花嫁衣装になっているものです。黒留袖既婚女性の第一礼装で、結婚式では新郎新婦の母や親族が着ます。年齢によって相応しい柄行を選びますが、染め抜きの五つ紋、...

 
 

着物を着るときには様々な小物が必要です。ここでは、留袖を着るときの小物を紹介しましょう。肌襦袢、裾よけ、長襦袢着物を着る時の下着で、留袖には白い物を合わせます。半衿長襦袢に縫い付けておき、着物の衿元から見えるものです。留袖には白い物を合わせます。衿芯薄いプラスチックの芯で、半衿の内側に入れて衿元に張りを持たせるものです。腰紐着付けをするときに、着崩れないように締める紐です。帯を締めるときにも使い、...

 
 

着物を買おうかどうか迷っているなら、レンタルが絶対お薦めです。成人式のための振袖を考えていると、つい買ってしまおうかなという人も多いのではないでしょうか。家にカタログなどどんどん贈られてくるので、思わずそのような気になってしまいます。しかし決して安い買い物ではありませんので、何枚も買えません。後で着る機会があった時に、他のデザインのものを着てみたいなと思っても、勿体ないので、結局買ってしまったたっ...