小紋・付け下げ小紋

付け下げ小紋と小紋は、それぞれ別のものです。
ここではふたつを比較して、それぞれについてお話ししましょう。

 

付け下げ小紋は別名、着尺付下げとも呼ばれており、小紋は別名、着尺とも呼ばれています。

 

小紋は、端から端まで反物全体に繰り返し模様が付けられています。
全体に統一感があり、無地に近い江戸小紋や個性的で独特な色使いをしたオシャレな小紋など、さまざまです。
合わせる帯によって、カジュアルにも華やかにも、品格のある雰囲気にもできるのが小紋の特徴ですね。
小紋は、織りの帯をして、旅行や同窓会、お茶会など、幅広く着用することができますので、非常に使い勝手が広く便利です。

 

付け下げ小紋は、模様が袖山、肩山に向かって上向きになるように、反物の状態で染め分けて模様付けされています。
付け下げ小紋は小紋と比べて加工の手間がかかるため、その分高価になっています。
比較的、柄に大きなものが多く、小紋より格は上の晴着として用いられています。
着物に合った帯には、袋名古屋帯などが良いですね。

 

付下げ小紋も小紋も同様に、友禅をはじめ、更紗、ろうけつ染め、紅型、絞りなど、色々な染めの技法で染められています。

 

小紋は、簡単に言うと、「細かい柄の着物」ということです。
同じ柄が端から端まで繰り返されるので、着物の前後向きが逆になってもかまわない着物ということもあり、正装ではありません。
付け下げ小紋は、小紋は小紋でも「付け下げ」です。
付け下げは、どこに向かって正面なのか、どっちが上なのかをしっかりと示す柄になっています。
結婚式などにも着用できる準礼装に位置づけされており、正装としても小紋としても着用できる上級者向けの着物ですね。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!