紬の着物

紬の着物は普段着という位置づけです。
普段着の中では、旅行や買い物に着用する着物で、とても生地がしっかりしている着物です。
近年は紬の訪問着も見かけることがありますが、結婚式などの正式な場所での着用はふさわしくありません。

 

紬は普段着ではありますが、とても高価です。
ある意味、非常に贅沢な着物ですね。

 

結城紬

茨城県結城市で作られている結城紬は、居坐機で織られており、技術・値段ともに最高級品で、重要無形文化財に指定されている織物です。
しっかりした生地ですので、昔から親子三代が着られると言われています。
非常に高価ですが、やはり普段使いの着物ですので、晴れがましい席や正式な席では着用できません。

 

結城紬は、着物がお好きな方には人気の高い着物です。

 

大島紬

鹿児島県と奄美大島で作られている大島紬は、絹織物で高級着尺地として名が知れています。
着物を着ない方やあまり詳しくない方でも知っているほどの知名度の高さがあります。

 

現在、紬糸の使用がされていないので、大島紬ではなく大島絣(かすり)と呼ばれています。

 

紬は、全国各地で織られおり、絣・縞・無地など様々な紬が数多くあります。
いずれも素朴さが魅力となっており、普段使いに可愛らしさが感じられるでしょう。
新潟県の塩沢紬、十日町紬、長野県の上田紬などが有名です。

 

紬の訪問着はやはり高価なものですが、正式な場所への参加は控えたいところです。
紬ですので、気を張らずに出席できるお茶会や茶話会などで着用するのが望ましいでしょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!