浴衣

浴衣は、単衣仕立ての麻の着物で、もともとは入浴時に着用したと言われている「湯帷子(ゆかたびら)」が由来になっています。
その後、湯上りに着る寛ぎ着衣として親しまれ、現在の浴衣のような使い方になったと言われています。

 

浴衣の藍染は、中型の型紙を用いて染めたことから、別名「中型」とも呼ばれています。
最近は、昔からあるような天然素材を用いた藍染めのほかにも、化学染料で様々な柄を描いたカラフルで鮮やかな浴衣もたくさんありますね。
夏祭りや花火大会など、浴衣の方が集まる機会には非常に華やかです。
華やかな一方、昔の浴衣のようなレトロ柄も流行っており、さらに浴衣と呼んで良いのかどうか・・と考えさせられるような、洋服に近い浴衣もずいぶん出回っています。
伝統を守る一方で、最近の人にも馴染んでもらえるような工夫は、ある意味必要なのかもしれません。

 

本来、浴衣は汗取りとして肌襦袢、裾除けを着けて着用し、裸足に下駄という形が正式なものになります。
しかし、寛ぎ着衣として使用したり、夏祭りや花火大会などに出掛ける際に着る場合には、もっと簡単な着方をしている方が多いようです。
帯は半幅帯を用いることが多いですが、夏物の博多帯を用いるとちゃんとしている印象を与え、着物に近い雰囲気になります。
ただし、正式な外出用の着物ではないということは忘れてはいけません。
浴衣で正式な外出や訪問は好ましくありません。
あくまでも寛ぎ着衣であるということを忘れないでくださいね。

 

浴衣は木綿ですので、扱いも簡単で価格も安く、和装のきっかけとしては大変手軽です。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!