木綿の着物

木綿の着物は、日常着や仕事着とかつて重宝されていましたが、最近はちょっとしたお出掛けや普段のおしゃれとして着ている方が多いようです。
紬より民芸的な雰囲気で、ざっくりした風合いは年齢問わず着やすいのではないでしょうか。

 

福岡県の久留米がすり、鳥取県の弓ケ浜がすり、岡山県の作州がすり、愛媛県の伊予がすりなどが有名ですね。
その魅力は、藍染めに白のかすりの美しさにあります。

 

木綿ではありますが浴衣とは違い、お値段も手が出ないほどの高価な物もあります。

 

木綿の着物は、胴裏は絹の着物同様に羽二重(絹)にし、八掛には紬(絹)を用いて仕立てます。
帯は、紬地、染帯、袋名古屋などが合いますね。

 

木綿の着物は、是非気軽に楽しんでいただきたい着物です。
もちろんいきなり高価な物を購入するのではなく、安価な手を出しやすい価格のものから始めてみると良いでしょう。
初心者の方で、あまり着物のことが分からないという方でも、大袈裟にならずに着ることができますよ。

 

お友達との映画や食事や、ちょっとしたお出掛けに、手軽に着ることができるのも木綿の着物の魅力です。
上品でありながら、派手さや敷居の高さを感じません。
いきなり購入するのは不安があるかもしれません。
何度か着物屋さんに足を運んで、季節折々の着物を見ると少しずつ身近なものになっていくでしょう。

 

着物は、馴染みがなければ敷居が高いと感じてしまいますが、決してそんなことはありません。

 

世界に誇る日本の伝統文化「着物」を、もっと身近なものにしていきましょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!