夏の着物

夏の和服と言えば、浴衣や甚平を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
浴衣や甚平は、現在も気軽に着ている方が多いですね。

 

洋服に夏用があるように、着物にも夏用の素材があります。
夏の着物は着ている人はもちろんのこと、見た目にも涼しいものになっています。
汗をかく時期ですので、肌触りも重要ですね。

 

「ろ」と読みます。
夏の生地としては、最もポピュラーです。
長襦袢をはじめ、留袖、訪問着、付け下げ、喪服、色無地、小紋など、大変幅広く用いられ、和装小物の帯揚げもよく見かけますね。
平織りにわざと隙間を作り、薄くて軽量、通気性が良い「もじり織」の一種です。
「経絽」と「緯絽」があります。(たてろ・よころ)

 

「しゃ」と読みます。
もじり織の一種で、シンプルに経と緯が交差した、網目のような織になっています。
地模様を織った「紋紗」、二重織りの「風通紗」、節がある紬風の「粋紗」など、数種類あります。

 

「ら」と読みます。
「紗」が複雑になったもじり織で、見た目で涼しさを感じる織物です。
紗の目を荒くしたような、ざっくりした手編みのような風合いのある織物です。
用途は着物でなく、帯やコート地などです。

 

「ちぢみ」と読み、別名「しじら」とも言います。
麻糸に強い撚りをかけた織物で、湯揉みをして皺のようなしぼが表面に表れる織物が麻縮です。
新潟県の「越後縮」、「小千谷縮」、石川県の「能登縮」など、各地に産地があります。

 

上布

「じょうふ」と読みます。
新潟県の越後上布、石川県の能登上布、滋賀県の近江上布、沖縄県の宮古上布などに産地があり、細い麻糸の上質の麻織物です。
夏の着物の布地としては、高級品です。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!