浴衣の着付け

浴衣は着物に比べて、非常に手軽に着ることができますね。
夏祭りや花火大会、宵宮など、浴衣の出番は夏中何度もあるでしょう。
また、普段着として楽しむこともできますし、特別なイベントじゃなくても映画やショッピングに出かけるときに浴衣を着るのも良いですね。

 

最近では、浴衣と帯と下駄がセットになって売られているのをよく見かけます。
これをワンセット購入して、手軽に着ている若い方も増えていますので、非常に喜ばしいことですね。
和装は、世界に誇る日本の伝統文化です。
若い人たちももっともっと和装に興味を持って触れる機会を持てると良いですね。

 

和装の第一歩として、浴衣は入りやすいのではないでしょうか。

 

しかし、最近は浴衣を正しい着付けで着ている方が少なくなってきています。
もちろん、手軽に楽しめるということが利点となって、若い方でも着ている方が多くなっているわけですから、「正しくない着付け=間違った着付け」とは言い切れませんね。
ここでは、浴衣の着付けをするときの正しい小物使いについてお話ししましょう。

 

肌着

着物には着物の肌着があり、浴衣には浴衣用の肌着があります。
浴衣用の肌着は吸水性が高く、汗をしっかり吸い取るので浴衣の汚れを防ぎます。

 

腰紐

浴衣を固定し、端折りを作るために使います。

 

前板

前板には着物用と浴衣用があります。
浴衣用の前板は、メッシュ素材となっています。

 

着物ほど小物が多くはないので、着付けも簡単です。
正しい着付けをすると、着くずれしにくく美しい仕上がりになります。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!