着物の着付けに必要な小物

着物を着たくても着方が分からない、どんなものを用意すればいいんだろう、など。
「着物について何も分からない」という方は珍しくありません。
最近は、成人式以外で着物を着たことがないという方も多く、また、「浴衣は気軽に着られても、着物は難しい」という方も少なくないようです。

 

ここでは着物を着るときに必要な小物についてお話ししましょう。
初心者の方にとっては、最初の一歩が最も大きな一歩になるかもしれませんね。

 

伊達締め

伊達締めは、長襦袢の上と着物の上に使います。
衿元を決めて締めた腰紐の上に伊達締めをして、腰紐が緩まないようにし、帯を結びやすくします。
着付けする方によって、伊達締めを使わない方もいますが、使用したほうが着物を着たときのラインが滑らかで美しくなります。

 

みさとベルト

伊達締めと同じ役目を持っており、長襦袢や衿もとを留めます。
伸縮性があり密着性もあるので、ワンタッチでどこにでも止まります。

 

肌着

着物専用の肌着です。
また、浴衣には浴衣用の下着があり吸水性に優れています。

 

腰紐

腰紐は、着物を固定して、端折りを作るために使います。

 

衿芯

衿の中に入れて、キレイな衿元を作ります。

 

帯枕

帯結びの形を整えて、帯の位置を固定します。

 

前板

別名、帯板。
帯を平らに整えて、見栄えを良くします。
ゴムベルト付きは、1人で着付けをするときに便利ですね。

 

足袋

着物を着たときに、足に穿くものです。

 

コーリンベルト

着崩れを防いで、着物や長襦袢の衿を留めます。
調節ができるので苦しくないように使用することができます。

 

和装スリップ

着物を着るときの下着です。
肌襦袢と裾よけの上下に分かれたものや、ワンピースタイプのものがあります。

 

和装クリップ

着付けする時に衿をしっかり固定して、ズレないようにきれいに着付けをすることができます。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!