着物の手入れ・アフターケア

せっかく着物を楽しんでも、アフターケアができてなければ次に着物を着ようと思った時に着物が台無しになっている場合もあります。
着物は、着る前の準備、着るとき、着ているときの振る舞いも大切ですが、そのあとのアフターケアも非常に重要です。

 

着物を脱ぐ前に、必ず手を洗ってください。
手の皮脂やほこりや汚れが着物に付くと、シミや生地を傷める原因になってしまいます。

 

それから、脱ぐ前に床に大きな紙を広げてください。
紙の中央に立って、最初に足袋を脱ぎます。
帯締め、帯揚げと、着付けの逆の順番で脱いでいき、脱いだものは紙の上に落としてください。

 

脱いだ着物は着物ハンガーにかけて、風通しの良い日陰に3〜4時間干します。
湿気や体温を取り除き、汚れがないかも丁寧にチェックしてください。

 

長襦袢と半襟、腰紐もとって、洗ってください。(ネットに入れて洗濯機で洗えます)
足袋は、穿いたままブラシで洗うと汚れが落ちますが、クリーニングに出しても良いですね。

 

帯や小物は、風通しの良い日陰に干すようにしてください。

 

着付け皺や座り皺をとるときは、当て布に霧吹きをしてアイロンをかけると良いですね。
スチームアイロンは使用しないでください。

 

いずれも直射日光の当たるところは避け、風通しが良い日陰に干すようにしましょう。

 

汚れを見つけた場合、汚れがついた直後であれば、コーヒーなどの場合にはすぐに洗面所へ行って、汚れた箇所に水をかけて叩いて汚れを落としてください。
汚れをとったあとは、乾いた布で叩くように水分を吸い取ります。
ただし、ちりめんや絞りの場合は記事が縮んでしまいますので、気を付けてください。
また、筆記用具や化粧品の汚れは簡単には落ちませんので、専門店でのお手入れをオススメします。
一般のクリーニング店では着物を扱っていない場合もありますので、着物のお手入れ専門店へお持ちください。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!