草履の保管

着物を着るときの足元は、草履が一般的ですね。
季節や着物に合わせて草履も変えますが、最近では足が痛くならない履きやすく歩きやすい草履も多く出回っているようですね。
草履は着物を着たときの歩き方を左右するものですので、実は意外と重要なのです。

 

着物と同様に、草履には草履の保管の仕方があります。
傷まないように長持ちさせる秘訣は、保管方法にあるのです。

 

草履は、収納ケースに入れて通気性の良い場所で保管します。
高温多湿は避け、できれば保管場所に乾燥剤を入れておいてください。

 

つい、やってしまいがちな間違いに、草履を保管するときに新聞紙やチラシ、ビニール袋などで包んでしまうことです。
これは絶対にやってはいけません。
時間の経過により草履に色が移ったり、紙やビニールがくっついてしまう場合があります。

 

また、樟脳やナフタリンなどの防虫剤は使用しないでください。
樟脳やナフタリンなどの防虫剤は、ゴム製品と一緒に保管すると化学反応を起こして変色や変質する恐れがあります。
これもついやってしまいそうですね。
気を付けてください。

 

草履を保管する際に最も気を付けたいのが、鼻緒がつぶれて型くずれしないようにすることです。
鼻緒キーパーや草履キーパーを使用し、キレイな形で保管しましょう。

 

また、年に2〜3回は収納ケースから取り出して、草履を風通しの良い場所に陰干ししましょう。
長い間しまいっ放しにしたり手入れをしなかった場合には、劣化や剥離が生じる場合があります。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!