着衣が着物の形になるまでの歴史

着物は世界に誇れる「日本の伝統文化」です。
現在の着物のような形になったのは、平安時代の小袖が始まりです。
着物の語源は『着るもの』で、単に衣服を指したものでしたが、現在では着物と言えば「和服」のことを指しますね。

 

では、衣服が着物に変化していく過程を、時代を追って見てみましょう。

 

縄文時代

この時代は暑さ寒さをしのいだり、雨風や外的から身を守るために、狩猟で手に入れた獣の皮や魚の皮、鳥の羽や木の皮などを身に着けるだけの簡単なものでした。
装飾などの発想はまだなく、形はワンピース状でした。

 

弥生時代

この時代は、布地を織る技術を持ち、大きな布の真ん中に穴を開けて頭を通して着るワンピース状の衣服でした。
弥生時代と言えば、卑弥呼が邪馬台国を治めた時代ですね。
卑弥呼は身分が高いため、絹を用いた衣服を身に着けていたようです。
身分の差が、既に衣服に現れた時代です。
植物染料を使用して染める技術もこの頃にはありました。

 

古墳時代

この時代には、布を裁断して縫った着物のような衣服で、左前で上下別々のものが登場します。
中国など海外の影響があり、女性は「筒袖」の打ち合わせの上衣に、今のスカートのようなものを着ていました。
男性も同様に、「筒袖」の打ち合わせの上衣にズボン状のものでした。
この時代は、左前の合わせだったようです。

 

飛鳥・奈良時代

この時代になると、それまで左前だった合わせが、今の着物に似た右前の衣服になります。
衿を立てたコート状のもので袍形式というものが、支配者階級の服装として男子は衣(きぬ)に袴、女子は衣に裙(も)という服装でした。
そして褶(ひらみ)というものを、裳や袴の上から着けていました。

 

平安時代

この時代には、初期の小袖が生まれ、衣服から服装へと変化していきました。
これまで中国の影響を強く受けていましたが、徐々に日本独自の服装になっていった時代です。
現在の着物の形がこの時代に出来上がったと言えますね。

 

男性は「束帯」、女性は「唐衣裳装束」や「女房装束」などの晴装束を公家では着用していました。

 

男性の束帯、女性の唐衣裳装束は、袖口の下を縫わない「大袖」でした。
現在では、産着や長襦袢などに用いられる袖の形です。

 

この時代の着物では「十二単」が有名ですね。
襲衣(かさねぎ)することから呼ばれるようになった名称で、「唐衣裳装束」「女房装束」の俗称となっていました。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!