振袖の歴史と成人式に着る理由

振袖は、子どもや未婚の若い女性が着る着物です。
江戸時代、振袖は振りのある長い小袖で、やはり子どもや未婚の若い女性が着ていました。
当時女性は18才で元服し、袂を切って袖丈いっぱいの留袖にする風習がありました。

 

後に、帯の幅が広がり、留袖にも振袖にも良く合う帯になったことにより、18才以上の女性でも袂を切らずに振袖を着るようになりました。
いつの間にか振袖や留袖は、元々の意味を離れて袖丈の長さで、長いものを振袖、短いものを留袖と呼ぶようになったのです。

 

江戸時代の振袖は、袖丈が鯨尺1尺5寸(55cm)でした。
現在、一般的な振袖の袖丈は110cm前後になり、中振袖は袖丈2尺前後(76cm)、大振袖は袖丈3尺前後(113cm)になっています。

 

では、成人式で振袖を着るのは何故でしょう。
江戸時代の初期、振袖は未婚女性の正装として、様々な晴れがましい場所で着られるようになりました。
成人式の当日は、成人となる者は身を清め、親が娘の幼いころのことを話しながら、今後の人生について、成人としての旅立ちに際しての心構えを諭します。
そして、成人したことで子どもを力づけ、励ましながら振袖を着せてあげるのです。
氏神様への感謝として、心身共に順調に育ち成人を迎えたことを報告し、これからの人生の幸せを祈願し、家族全員で祝福します。
これが本来の成人式の在り方で、振袖の本当の意義なのです。

 

振袖は、袖の袂を短く切って、着ることができます。
最近はデザインなどによって袖を切ることができない場合もありますが、切る方法はいろいろありますので、必要であれば相談すると良いでしょう。
振袖のままで取っておいて、代々受け継ぐ場合もありますね。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!