着物での立ち振る舞い

着物を着ると、いつも通りに行動できなくなってしまうことがありますね。
元々、着物を美しく着こなすには、着る方の姿勢や振る舞いが重要です。
どんなに美しい着付けでも、着ている方の姿勢が悪かったり、所作が美しくなければ台無しになってしまいます。
立っているときも座っているときも背筋をスッと伸ばし、肩から上に手を上げるようなことはせず、袖から肘が見えてはいけません。
脚を組んだり、上前が崩れるようなことがないようにしましょう。

 

着物を着たときの問題のひとつに、階段の上り下りがあります。
バサバサと勢いよく上がると、着物が着崩れますし、脚が見えてみっともないですね。
歩くときは重心はつま先にありますが、階段の上り下りのときは、もっと重心を前にかけてください。
右手を膝の上に置き、上前を軽く持ち上げて体を右に向けてつま先だけで上がります。
振袖の場合、袖が階段につきそうになる場合がありますが、両袖を重ねて左手で支えると良いですね。

 

同様に、車の乗り降りも不恰好になりがちですね。
着物で車に乗るときは、手荷物を先に車の中に入れ、両袖を揃えて袂を汚さないようにし、右手で上前を引っぱって崩れないようにしながら一旦シートに浅く腰かけてください。
頭をぶつけないように少しかがんで、体を回転させて足を揃えながら車内に入って正面を向くと良いですよ。
また、降りるときには、両足を揃えて地面に下ろし、右手で上前を引き上げて左手で両袖を持ちながら、かがみながら外へ出る方向へ回って降ります。
立ち上がったら、全体に着くずれがないかチェックすることを忘れないでくださいね。

 

着物を着たときこそ、美しい立ち振る舞いを心がけましょう。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!