着物のマナー、アクセサリーは付けてもいいの?

着物を着たときの正式なマナーは、最近ではあまり重視されなくなっていますね。
現代に合わせた着方やマナーで、着物が浸透しているのも事実です。
ただし、やはり着物を着ているということを意識した振る舞いをすることは大切なことです。

 

元々、着物を着たときのアクセサリーは、指輪程度でした。
結婚指輪やきちんとした宝石の指輪など、華やかな席にはとても似合いますね。

 

最近はピアスやイヤリングを付ける人もいらっしゃいますが、小振りな宝石のものであればむしろ華やかな印象を与えます。
しかし大振りのものは不似合いですので、控えましょう。
また、着物の色と合わなかったり、着物より派手なものはいただけませんね。
あくまでも全体のバランスやセンスのある選ぶ方をしてください。

 

では、きちんとした宝石の指輪や結婚指やではないファッションリングはどうでしょう。
紬やウールなど普段着使いの着物には、大変良く似合いますね。
ただし、晴れがましい席や正式な場所では、ファッションリングは控えましょう。
やはりTPOをわきまえる必要はありますし、デザインによっては着物に引っ掛けてしまうこともありますので注意が必要です。

 

ブレスレットはどうでしょう。
最近は、浴衣を着たときなどにブレスレットを付けていることがありますね。
普段着として着物を着る場合には、細めの華奢なブレスレットであればかまわないでしょう。
ただし、何本もジャラジャラと付けたり、太くてゴツイものを着けるのは控えましょう。
また、やはり晴れがましい席や正式な場所では控えるようにしてください。

 

ただし、正式な着物のマナーでは、アクセサリーは付けてはいけないとされています。
着物を着て生活していた時代には、イヤリングや指輪などのアクセサリーを身に付ける習慣はなかったからです。

 

ですから、礼装や正装な場所で着物を着る場合には、やはりアクセサリーは控えた方が良いでしょう。
普段着として着物を着るときは、アクセサリーも良いのではないでしょうか。

 

いずれにしても、あまり主張しすぎるデザインの物を着けると、着物の品の良さや美しさを損なってしまう場合があります。
上手な着こなしをしている人を見る機会があったら、お手本としてチェックしておくと良いですね。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!