着物、染の種類

着物の生地は元々は絹でした。
現在ではウールや化繊などもあり、非常に手軽になりましたね。

 

また、染もいろいろです。
染によって趣きが変わり、それぞれの魅力があります。

 

ここでは、染の種類についてお話ししましょう。

 

友禅

筆で模様を彩色し、防染して刷毛を引いて引き染めします。
江戸時代の初期、宮崎友禅斎が始めた染法で、産地は京都・加賀・東京・十日町などです。

 

江戸小紋

小紋というのは、元々小さい模様という意味です。
一色の色で染め、一見無地染めにも見えるのが特徴です。

 

辻ヶ花

桃山時代に多く見られましたが、その後、残念ながら一瞬にして消えてしまった幻の染と言われています。
現代で絞りを主体にし、箔や刺繍も加えた形で復元され、現代の染として人気があります。

 

紅型

紅型は「びんがた」と読みます。
沖縄の型染で、模様や色彩は南国らしい独特タッチで非常に鮮やかです。
ちなみに「藍型」は、琉球藍を使用した型染です。

 

更紗

更紗は「さらさ」と読みます。
インドより渡来した染で、桃山時代に日本に入ってきたものです。
ジャワ・ペルシャ・シャムなど、それぞれ違った雰囲気を持ち、独特な色彩になっています。

 

絞り

「鹿の子絞り」「一目絞り」「帽子絞り」など、絞りにはいろいろな技法があります。
全てが手作業のため、ひとつひとつ糸で絞る作業は大変手間が掛かります。
豪華で高価なため晴れがましい場にも相応しく、振袖にも使用されています。

 

草木染め

合成化学染料がありますが、その対の位置に草木の天然植物染料があります。
天然植物染料の染は化学染料では出ない味があり、大変味わいのある色が出ます。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!