季節ごとの着物

洋服に衣替えがあるように、着物にも「衣更え」があります。
四季に合わせて素材や織りを選び、裏地を付けたり重ね着をしたり、これもまた着物の楽しみのひとつですね。

 

寒い時期の着物(10月〜5月)

この時期は、袷仕立ての着物を着ます。
袷は「あわせ」と読みます。
袷とは、裏地が付いている着物のことを指し、さらに寒い時期は着物の上に羽織を着ます。
羽織は4月の中ごろには着なくなりますが、寒い地域ではその限りではありませんね。
ただし、ウールアンサンブルは冬でも単衣仕立てとなっており、また長襦袢も最近は冬でも単衣仕立てが普通です。

 

春の着物(5月下旬〜6月)

この時期は、単衣仕立ての着物を着ます。
単衣は「ひとえ」と読みます。
表地は袷と同じものを用いますが、裏地は付けません。
6月の下旬には、夏用の帯を使用します。
また、6月になったら、長襦袢や半衿も「絽」や「紗」を着ます。
5月下旬〜6月の単衣を「夏単衣」と呼び、柔らかい色あいで涼しげな着物、小物はもう夏物でも良い時期です。
この時期は季節を先取りすると、ちょっと粋ですね。

 

暑い時期の着物(7月〜8月)

この時期は、薄地の着物を着ます。
7月〜8月の最も暑い時期ですので、薄地の涼しげな着物が良いですね。
染めであれば「絽」や「紗」を、織りなら上布(麻)や紬など、透けるような生地が使われています。
帯は、必ず夏用を用いてください。
夏用の帯=「絽」「紗」「羅」などの生地。

 

残暑〜秋口の着物(9月)

この時期は、単衣の着物を着ます。
そうです、5月〜6月と同様ですね。
9月の単衣を「秋単衣」と呼びます。

 

上記を順繰り順繰りに来ますが、今の時代はこんなに衣更えができるほど着物を持っている方は珍しいでしょう。

 

持っている着物を活かして、小物や色や柄などを組み合わせて上手に季節感を出すと良いですね。

 

>>着物を高く売る方法とは?損をしない着物買取査定!